ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

イライラするときの解消法 その手があったか!


スポンサーリンク

イライラするときの解消法 イライラの原因と向き合う(概要)

仕事や旦那にイライラする原因と向き合うことをこの章で始めたいと思います。

今まで、「週の始めはストレスフリー」であることを目的に書いてきました。

休息とリラックスと運動によるストレス発散法はいわゆる「イライラする状態から心を楽にするための方法です」。

この方法をマスターしたら、次のステップに進むことができます。次のステップとは、

仕事や旦那にでイライラする原因を追究しイライラする原因を解消することです。

イライラするときの解消法 イライラする原因と向き合う事前準備

言い方を変えると休息やリラックス、運動のストレス発散法は、イライラをいったん頭の外に出すのが目的で、イライラする状態をリセットするのが狙いです。

しかし、それだけでは原因を解消したことにはなりません。翌週にも同じイライラした状態が襲ってくるかもしれないからです。

休息とリラックスと運動のストレス発散法をマスターし、イライラする状態から心が楽になった段階で、原因を見つめなおす「ストレス解消法」が必要となります。

なぜ、最初っからイライラする原因を解消する行為をしないのかというと、イライラする原因を最初に解消することに取り掛かってしまうと、心がすり減ってしまうからです。

つまり滅入ってしまうのです。

どんどんエネルギーがなくなってしまいます。いったんイライラする状態から楽になってから改めて考えた方が精神的にいいからです。

イライラするときの解消法 イライラする原因と向き合う 旦那様編?

仕事と同じように、旦那様は家庭でのイライラする原因も抑えておく必要があります。

よく見かけますが、「家に帰りたくなりから、部下を連れまわしはしご酒」という旦那様もいます。

家庭がうまくいっている部下の立場からするとたまったものではありません。

もちろん、家庭がうまくいっていない部下なら「喜んで!」となるのかもしれません。

旦那様は家庭でイライラする原因が何かもしっかり押さえておき、じゃあ、それはどうすれば解消できるのかを知っておくことが重要です。

もし、家庭でイライラする原因がもうすでに分かっていて、ストレス発散も自分でできる方は、ストレス解消法をお読み下さい。

呑むことは一時的な逃避に過ぎず、しかも健康にも害を及ぼします。

身体を壊す方向よりも、健康な方法でセルフケアをして、ストレスフリーの状況で家庭の問題に取り組んでみましょう。

今取り組まないと、1年後、2年後、5年後とずっと変わりなく時は流れてしまい、結局家庭の問題が解決しないまま終わってしまいます。

最悪、パートナーの堪忍袋の緒が切れて、離婚ということにもなりかねません。

軽い運動で冷静になってから、家庭の問題に旦那様自ら真摯に取り組みましょう。

仕事をこなすのもスキルですが、幸せな家庭を作るのもスキルです。

家庭は憩いの場として、戻りたい場所にぜひしてください。

人生の幸せはバランスできまります。

ずっと呑みに行くことが幸せの人はそれでいいですが、そうでない人は、理想の現実とのギャップを認識して、そのギャップを埋める行動をとってみて下さい。

そのとき、ストレスが邪魔になるようでしたら、このホームページをご活用ください。

このホームページでは、セルフケアの方法、習慣化の方法や専門家への頼り方まで記載しています。

当てはまるものを使って、理想のバランスに近づけていってください。

千里の道も一歩からです。

理想はチャレンジを繰り返すと叶います。

そして、日々意識することによって習慣化もできるようになります。

また、ストレス発散方法をやってみて、快の気持ちをインプットすると、もうその方法を手放せなくなります。

いい意味での中毒性を発揮します。

ストレスが堪ったら、快に走るぐらいの気持ちで発散してみて下さい。

スッキリしたあなたの笑顔を、周囲の人は喜んで受け入れてくれるでしょう。

そうして、周囲の人に幸せを分け与えてあげてください。

幸せは伝染するのです。

イライラするときの解消法 イライラする原因を解消する

それでは仕事や旦那様にイライラする原因と向き合ってみましょう。

色々な手法を応用しています。

自分にはできないと思わずについてきてくださいね。

できるようになると、「週の始めはストレスフリー」の生活が待っています。

そして、イライラを感じたときに、一生涯使える手札となり、幸せを感じながら生きることができるようになるのです。

イライラするときの解消法 イライラする原因を解消する 目次

以下、本章で取り上げる、イライラの解消方法の目次を記載します。

後で役に立つかもしれない専門用語の解説 「ストレス解消」

不安解消のために知っておきたいこと 「ストレス解消」 

無意識のストレスを解消する方法 謎は無意識にあった

KT法(問題分析)あの大手も採用!

仮説思考 「ストレス解消」 

PDCAサイクル あの超大手も採用!

相談相手がいない場合、専門家を活用する。 その手があったか!

認知行動療法をマスターする 認知がカギ!

ブレインストーミング法 「ストレス解消」知り得!

パレートの法則 超大手も採用!

随時追加していきます。

イライラする原因を解消するのも慣れが必要です。

日常生活で様々なイライラが襲ってきます。

その一つ一つに対して、愚直にイライラする原因を究明し解消することを繰り返すことで、小さな幸せを感じられる心を日々持つことができます。

小さな幸せを日々感じながら生きることは、人生でもっとも大切なことだと思っています。

幸せを感じるために人は生きていると言ってもいいぐらいだと思っています。

言い方を買えれば、「人生は思い出でできている」と私は思っています。

幸せな人生は待っていてもなかなか来てくれません。

自分でつかみとるのです。

行動あるのみです。

イライラする状態を解消して、幸せを感じる時間を増やしてみませんか?

少なくとも、取り組んでみてみませんか?

5年前、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうでしたか?もし、そうなら、そのときに対策を打ちましたか?

4年前、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうでしたか?もし、そうなら、そのときに対策を打ちましたか?

3年前、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうでしたか?もし、そうなら、そのときに対策を打ちましたか?

2年前、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうでしたか?もし、そうなら、そのときに対策を打ちましたか?

1年前、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうでしたか?もし、そうなら、そのときに対策を打ちましたか?

現在、あなたはイライラする原因に押しつぶされそうですか?もし、そうなら、そのときに対策を打っています?

5年前と現在が変わっていなければ、今後5年間もおそらく変わらないでしょう。

過去と現在の延長線上に未来はあります。

現在を変えて、未来を変えてみませんか?

過去を変えるのはなかなか難しいですが、現在なら変えられます。

少しの時間でも投資してみませんか?

その投資が何倍にもなって帰ってきます。

スポンサーリンク

イライラするときの解消法 知っておきたいこと

仕事や旦那様にイライラするときの解消法を知っておきたいことと題し記載します。

今現在、仕事や旦那様にイライラするときの解消法ができていない場合はお辛いことと思います。

このホームページでは、イライラをストレスと読み替えて頂けると、どうやったら発散できるかが見えてきます。

また同様に、どうやったらイライラを解消できるのかが見えてきます。

それぞれ、ストレス発散と解消の方法として記載しているからです。

仕事や旦那様にイライラしたときの解消法が必要になったときに、このホームページを思い出してください。

そして、イライラを解消する手段を身に着けてください。

これから何年、何十年と生きていく中で、対策を身に着けると、楽しく過ごせる日が多くなり、それは自然と、寿命を迎えるときに、「楽しい人生だった」と言えるようになると思います。

イライラ解消の必要性が高まっている時、または溜め込み中のとき、そのままにしないでください。

上手くコントロールできていないためにメンタル面や身体に悪い症状が出てしまいます。

下手をすれば病気になってしまいます。

イライラするときの解消法 イライラが止まらない、収まらないとき

仕事や旦那様へのイライラを発散し、冷静な自分に戻りたい方はメニューのストレス発散を、冷静になる方法はわかっていて、実践もしているけど、問題が解決しないという方はメニューのストレス解消を見てみてください。

もしイライラが止まらない、収まらい、そして何らかの悪い症状がでている場合は、メニューのストレス症状を見てみてください

そして、仕事や旦那様へのイライラを発散したり解消したりする方法を習慣的に使って、「幸せに生きる割合を増やしたい」という方は、メニューの習慣化を見てみてください。

スポンサーリンク

イライラするときの解消法 イライラが収まらない、止まらない、眠れないでいる弊害

仕事や旦那様のお世話をすることの大変さが心の中の大半を占めると、日常の小さな幸せを感じにくくなってしまいます。

自分の意識が大変である現状に集中していて、日常の小さな幸せまで意識がいかないのです。

誰もが「幸せになりたい」「幸せに生きたい」と思って生きています。

その「幸せ」を少しでも多く感じるために、今ある仕事(職場)や子育て、旦那様のお世話の負荷を少しでも軽くしてみませんか?

しかも、誰にも迷惑がかからないようにです。

そのための専門家も存在します。

仕事でイライラが前面に出ている男性の場合、専門家を活用してでも解消しておいた方がいいでしょう。イライラが前面に出ていてそれが評価を落とします。

また、旦那様の前でイライラが前面に出ている女性の場合も、専門家を活用してでも解消しておいた方がよいでしょう。イライラする雰囲気が充満している家庭に旦那様が帰りにくくなります。

旦那様に対するイライラが解消できずに前面に出ている方も同様です。

イライラするときの解消法 イライラは未来に解消されるのか?

面白いものの見方があるので紹介しておきます。

あなたは5年前、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていましたか?多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていましたか?

あなたは4年前、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていましたか?を多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていましたか?

あなたは3年前、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていましたか?を多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていましたか?

あなたは2年前、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていましたか?多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていましたか?

あなたは1年前、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていましたか?多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていましたか?

あなたは現在、仕事や旦那様に対しイライラを多く感じていますか?多く感じていた場合、あなたは解決するための行動をしていますか?

5年前から現在までのあなたを見てみました。

過去と現在の延長線上に未来はあります。

つまり、5年前から現在まで、仕事や旦那様に対しイライラすることを解消せずに悩んでいた人は、未来5年間も変わらず悩んで生きているということが言えます。

5年前にこだわらず、環境の変化があったときから振り返ってみてください(3年前、12か月前とかでいいんです)

何かを変えない限り、あなたの未来は変わらずにいることが手に取るようにわかってしまいます。

余談ですが、よく就職の面接で、過去の体験で何を得ましたか?という質問があります。

あれはなぜだと思いますか?

スポンサーリンク

これから入社してくるかも知れない人なので、自社をどうしたいとか、どういうことをやりたいとか、未来のことを聞いてほしいと思いませんか?

勘のいい人は気づいたと思いますが、実はわけがあるのです。

過去から現在までを見ていると、その延長戦上に未来があるので、自社に合う人材か合わない人材かわかってしまうのです。

未来の理想は語れても、過去から現在までの直線上を見ると、入社後にどれだけ活躍するか一目瞭然でわかってしまうのです。

と余談はここまでにして、イライラする原因を解消することはチャレンジはしてなんぼのものです。

上手くいかない場合があっても、それはそれで経験になるからいいんです。

誰もあなたを責めたりしません。

仕事や旦那様に対しイライラしたとき発散する方法を1つ試してみて、ダメなら、他の方法を試してみる。

仕事やイライラしたとき解消する方法も1つ試してみて、ダメなら、他の方法を試してみる。

その愚直な取り組みの中で、あなたにあった発散と解消方法が見つかります。

それは、あなたを幸せにする、とても大切なものです。

あなたが果敢にチャレンジした結果得た、最高のプレゼントです。

しかも一生使えるというおまけつきなのです。

イライラするときの解消法 未来を見通す手法の応用

今回は面接の余談を入れました。

実はこれって、いろいろな場合に応用可能です。

例えば、結婚相手を決めかねている時とかなどです。

パートナーの5年前は、仕事で成果を出していましたか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人でしたか?

パートナーの4年前は、仕事で成果を出していましたか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人でしたか?

パートナーの3年前は、仕事で成果を出していましたか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人でしたか?

パートナーの2年前は、仕事で成果を出していましたか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人でしたか?

パートナーの1年前は、仕事で成果を出していましたか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人でしたか?

パートナーの現在は、仕事で成果を出していますか?もしくは家事や子育てを進んでやる家庭的な人ですか?

といった感じです。

別例を挙げると、

パートナーとの5年前の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多かったですか?

パートナーとの4年前の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多かったですか?

パートナーとの3年前の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多かったですか?

パートナーとの2年前の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多かったですか?

パートナーとの1年前の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多かったですか?

パートナーとの現在の付き合いは、性格が合わずイライラする日が多いですか?

さらに別例を挙げると、

5年前、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきましたか?それとも放置していましたか?

4年前、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきましたか?それとも放置していましたか?

3年前、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきましたか?それとも放置していましたか?

2年前、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきましたか?それとも放置していましたか?

1年前、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきましたか?それとも放置していましたか?

現在、あなたはイライラしたとき、その都度、解消をしてきますか?それとも放置していますか?

何かに決めかねているとき、「過去からの延長上に未来はある」という言葉を知っておくと、一つの判断基準になると思います。

パートナーの例では何人か候補がいる場合は、参考になると思います。

その場合は、自分が重要視する条件に変えてくださいね。「仕事(職場)で成果を出していましたか?」ではなく、「頼りがいのある人でしたか?」「子育てに興味を示していましたか?」「子育てをすると約束してくれていましたか?」「子育てに協力的な態度でしたか?」などにです。

スポンサーリンク

イライラするときの解消法

仕事や旦那様にイライラするときの解消法を取り上げていきたいと思います。

仕事や旦那様にイライラする原因となっている問題を解決する必要があります。

そして、次に同じ要因が発生することがない、もしくは発生したときに対処できることを指します。

ここでは、要因となった事象の発生確率を下げることも含めて記載していきます。

そこで様々な解消法を取り上げていきたいと思います。

以下を実行するための前提はリラックスと休息と運動による発散法をマスターしていることです。

心のエネルギーはとても重要で、これをマスターしないうちに、問題解決を主とする解消法に取り掛かっても、疲弊してしまうからです。

自分にあったセルフケアの方法で、スッキリすることを目指しましょう。

・KT法・・・問題分析で有名な方法です。社会人なら入社数年で学ぶ方法です。

・仮説思考・・・仮説を立てながらその仮説を検証することで仮説を正しいものにしていきます。仮説が違っていれば、別の仮説を立てます

・PDCAサイクル・・・計画(PLAN、DO、CHECK、ACT)を繰り返し行うことにより問題を解決していきます

・専門家の活用・・・その道に詳しい専門家を活用する方法で問題の解決を図ります。「餅は餅屋」という理屈です。

・認知行動療法・・・環境の変化が起こった場合、人はそれを認知し、行動に移したり、感情や気分が変わったりします。認知を書き換えることによって、結果を変えようとする方法です。

・ブレインストーミング法・・・思いつくままに紙に記載していく方法。

・パレートの法則・・・問題の8割は2割の元となる原因を解決することにより解消される

・特性要因図・・・特性(問題)と要因(問題の要因)に分けて図示することにより、どうすれば問題が解決するかわかる。フィッシュボーン図とも言われる。

・ロジックツリー・・・「なぜ」と「どうやって」をブレイクダウンしていき、行動できるレベルまで落とし込む方法

セルフケアを身に着けるには実践あるのみです。イライラを感じたときだけでなく、過去の事例を持ち出してみて、実際に手を動かしてみましょう。

そうすることで、徐々に自分の手札として使えるものになります。

 

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2017/02/12