ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ストレス発散はどうしたらできるのでしょう。


スポンサーリンク

ストレス発散の理論

仕事や育児などによる疲れとどのように向き合ったらいいでしょうか。ちょっと掘り下げてみていきましょう。

よく趣味を持てといいますが、それはなぜでしょう。

・・・(Thinking time)

・・・

・・・

答えは、「趣味に没頭して、いったん頭の中をクリアにできるから」です。

俗に、このような状況を「ゾーンに入る」とか、「無我夢中」とかいいます。

要するに、「いったん頭の中をクリアに出来ればいい」ということになります。

スポンサーリンク

ストレス発散方法

さて、さらに掘り下げてみましょう。

「いったん頭の中をクリアにする」ってどんなの方法が考えられるでしょうか。

・・・(Thinking time)

・・・

・・・

そうです。リラックスするか運動するればいいのです。

あとで詳しく見ていきますが、代表的なリラックス方法は、

・寝る

です。そして、代表的な運動は、

・走る

です。

代表的な例を挙げましたが、

「私は、毎日寝ていますが、スッキリしないんですけど」

という方もいると思います。

実は、研究結果から、リラックスする方法よりも、運動したほうが、回復が圧倒的に早いことがわかっています。

とはいうものの、身体を動かす気力もないぐらいに疲れている場合もあります。

そこで、リラックスする方法と運動をうまく組み合わせるのが理想なのです。

リラックスをして動けるまでに回復し、運動して身体に適度な負荷をかけ、回復を早くする。

このリラックスする方法と運動を組み合わせるのが理想なのです。

よく、プロ野球選手が、オフにゴルフをしたり、他のアスリートがオフに全然違う競技を楽しむことをご存知でしょうか?

あれは、実に理にかなっているのです。

普段と違う筋肉を使って、疲労の回復を早くしているのです。

まさに身体を動かす回復の仕方ですよね。

今まで、身体を動かす回復の仕方の方がいいと書いてきましたが、回復の速度でいうと2倍違います。身体を動かして別の筋肉を使ったほうが2倍回復が早いのです。

小中高と学生時代は体育の授業で身体を動かしてきましたが、大人になって身体を動かすことから遠ざかった方も多くいらっしゃると思います。

スポーツジムの勧誘ではありませんが、リラックスするほかに、好きなスポーツを見つけることもこのホームページの一つの目的となっています。

もちろん、スポーツジムに通わなくても大丈夫ですよ(笑)。

散歩する、一駅分歩くのでもいいんです。

早起きして朝日が昇ってくるころに30分間の散歩とかなんて理想です。

後に話しますが、朝日を浴びると、睡眠の質を良くします。

人の身体は、朝日を浴びると、体内時計をリセットし、14~16時間後には眠たくなるようにできているからです。

そこには、あの有名な物質、メラトニンが関連しています。

朝日を浴びると、睡眠物質のメラトニンが分泌を辞めて、14~16時間後に分泌を再開します。

つまりは眠くなって普通なのです。

ただし、極度の緊張状態や不安状態にあると眠れないことがあります。

そのため、ストレス発散法では、快眠を促す方法のほかに、緊張をほぐす方法も紹介しております。

スポンサーリンク

リラックスと運動

ストレス発散法をざっくりいいますと、リラックスと運動によるストレス発散方法を順番に見ていきます。

主な参考例として見て頂ければと思います。

リラックスする方法にはマッサージがあります。少し視点を変えれば整体などでもカイロプラクティックがあったり他にもアロマテラピーがあったり、そして針灸があったりと多義にわたりますし、運動を主とするものにはスポーツがあり、スポーツは数以上に存在します。

このホームページに載っていないことでも、ご自分に合うものがあれば、それがベストです。

ただ、リラックスする方法と運動によるストレス発散方法のどちらも偏りなく、両方を手札に持ってくださいね。

リラックスだけですと、回復速度が遅いですし、スポーツだけですと、動けないほど疲れたときや、身体に違和感のあるときに使えないからです。

例をあげますと、デスクワークが多い方は特に何かスポーツを趣味に持たれるといいでしょう。

肉体労働の人は、別の筋肉を使うスポーツとリラックスの方法を持たれるとよいでしょう。

ホームページを読んでいくと、ストレス発散方法が身に着くようになっていますので、頭を悩まさずに読んでいってみて下さい。

そして、上手く発散できなかった場合になってしまう可能性のある病気も紹介しています。

合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ストレス発散方法を見に付ける

ストレス発散方法をお探しの方に役に立ってもらいたく、このホームページを記載しています。

意識しないとなかなか身につくものではありません。

頭の中や心の中に余裕がないと、日常の小さな幸せに気づけなくなってしまいます。

日常の小さな幸せを見つける余力が頭にも心にもないのです。

幸せに生活するために、頭や心に余裕を作ることが必要です。

幸せな生活をするために、あなたもストレス発散方法を身に着けてみませんか?

スポンサーリンク

ストレス発散方法 運動編

では、運動によるストレス発散法とはどんなのがあるでしょう。

・ジョギングをする(朝または夜に30分程度で十分です)

・カラオケで大声を出す(ヒトカラなら誰にも迷惑はかかりません)

・自転車で軽快に走る

・趣味のスポーツをする(バトミントン、サッカー、フットサルなどなんでもいいです)

・ウオーキングをする

・水中ウオーキングをする

・ヨガをする

・ストレッチをする

・バッティングセンターで思いっきり打つ

・ボーリングをする

・散歩をする

・犬の散歩をする

・通勤(通学)で一駅分歩いてみる

ここで、個人的にお勧めなのがジョギングです。なぜジョギングが良いかといいますと、朝または夜に30分ほどジョギングすると自動的に頭がすっきりするように、人はできているからです。

少し専門的に書くと、人は走ることにより、モルヒネに似た物質を脳内に放出します。

これがスッキリする原因と言われています。

30分程度のジョギングでも十分スッキリできるのはそのためです。

実際に心の動きを注意深く見ていくとわかります。

ジョギングをして10分~20分ごろにスッキリし始めて、30分ジョギングすると、スッキリ状態になります。

自転車も似たようなものです。ここは人によって好みがあると思いますので、好きなのを選んで身体を動かすといいと思います。

ただ、中には、膝に爆弾を抱えていてとか、体重の関係で走れない人とかもいると思います。

そういう方は、水中ウオーキングなどでも十分だと思います。

水中ウオーキングは陸上のウオーキングよりもカロリーを倍消費するほど効果的なものなのです。

「ストレス発散のために健康を損ないました」ではもったいないからです。

基本的に有酸素運動が「ストレス発散」に適していますが、筋トレなどの無酸素運動でも問題ありません。最大重量をもったりしていると、ストレス原因など、頭にいる余地はないからです。これは瞬間的にスッキリします。

スポンサーリンク

合う合わないがあると思いますので、色々な運動による「ストレス発散法」を試しておくことをお勧めします。

それらが、あなたの手札となり、ストレス発散を上手に行えるようになるからです。

ちなみにですが、運動によるストレス発散法も良い意味で中毒性があります。

いったん自分のストレス発散法が見つかると、それをやらずに週を越すのに違和感を感じるようになります。

「週の始めはストレスフリー」というのが基本になるからです。

ストレス発散 運動が楽しくなる秘訣

運動が楽しくなる秘訣を書きたいと思います。

一番は好きなスポーツをしてみることですが、好きなスポーツがどうしても見つからない場合もあります。

そういう場合は、とりあえず試しにやってみましょう。

そして、運動後の爽快感を味わいましょう。

趣味ではないので多趣味とはいいませんが、下手でも多くのスポーツにチャレンジしてみることが秘訣です。

「このスポーツが好きなんです」というよりも、「運動後の爽快感が好きなんです。」でも十分だからです。

運動後の爽快感は癖になります。

暖かい地域の人には活発な人が多いといいます。

これも一汗書いてスッキリすることにも関係があるのではと思っています。

どうしても好きなスポーツが見つからない場合は、幅広くチャレンジしてみることをお勧めします。

ストレス発散 運動の他のメリット

運動することはストレス発散だけでなく、多くのメリットを享受してくれます。

その最たるものが、健康です。

人間、日に日に歳をとっていきます。

これは誰もが平等に歳をとります。

歳を重ねると、健康状態が悪くなる人が増えてきます。

若い時ほど、代謝が活発でなかったり、筋力が衰えたり、柔軟性が衰えたり、いろいろと機能が衰えるからです。

そんな中、運動は自分の健康を保ってくれるのに役立ちます。

年齢を重ねてからも動ける身体って素敵じゃないですか?

そんな身体をつくるのも、日々の運動なのです。

また、ダイエットにもいいのはご承知の通りです。

運動はカロリーを消費してくれます。

年齢を重ねると、どうしても体型維持が難しくなってきます。

若いときには必要のなかった努力が必要になってきます。

体型維持ができたら素敵だと思いませんか?

自然と体型維持ができる人もいますが、陰で努力している人もいるのが現実です。

モデルなんて、努力のたまものだと思います。

相当な努力を積み重ねているのでしょう。

それが逆にストレスになってしまわないか心配でもありますが。。。

ストレス発散にもよし、健康にもよし、ダイエットにもよし、運動によるメリットはとても大きいのです。

芸能界で体型を維持してきた人と維持できなかった人の過去から現在を見てみましょう。

維持できた人の活躍ぶりと、維持できなかった人の活躍ぶりの違いがわかると思います。

もちろん、体型だけがすべてではないので、持ち前のキャラクターが開花した人もいます。

しかし、グラビアなどで生きてきた人のその後を見ると、体型維持をしてきた人とできなかった人では、その後の活躍ぶりが違うことが分かると思います。

体型を職業にしてしまうと時には過酷かもしれませんが、ストレス発散に行う運動は、とても気持ちのよいものです。

みなさんもチャレンジしてみませんか?

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/09/24