ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

メンターのメンティーになる 「習慣化」 人生の近道!


スポンサーリンク

メンターのメンティーになる

メンターを活用するのも手です。

報告を期待してくれる人なら活用するのも手になります。

逐次報告がストレス発散とストレス解消の習慣化に効果があれば、報告することに苦はないはずです。

メンターは各ジャンルに分けて持っておくことをお勧めします。

色々な分野に目標があり、それを達成したいと思っている人は特にです。

メンターには、無料でなってくれる人と有料の人がいます。

無料とは限らないのです。

実は有料がほとんどだったりします。

仮に有料でも、あなたがメンティーになりたいと思ったらお願いしてみましょう。

あなたのストレス発散とストレス解消を習慣化するのに役に立ってくれるかもしれません。

そして有料の場合はお金を払っている以上、必要ないと思ったらメンティーを抜けましょう。

お金の無駄使いになってしまいます。

スポンサーリンク

メンターはあなたの目的を達成するための時間を短縮してくれます。

その代り、複数人持つということは、それなりに出費も伴います。

そのため、まずは最低限必要な分野のメンターを持つと良いでしょう。

ストレス発散で悩んでいる場合はストレス発散が得意な人のメンティーに、経済的に悩んでいる場合は、経済分野に強い人のメンティーになるのがいいでしょう。

その方が、彼らの経験が活かしやすいからです。

メンターを持つと、自分はメンティーという立場になります。

聞きなれない言葉かもしれませんのでここで記載しておきます。

メンターは、あなた一人をメンティーに持っているとは限りません。

複数人のメンティーを持つ場合もあります。

というよりも、複数人のメンティーを持つのが普通です。

あなたが憧れる人物ですから、他の人も憧れて当然です。

メンターは自分の経験を数多くのメンティーに話し、メンティーはその経験からヒントを得ます。

またはメンティーの立場を利用して直接質問をし、考えを聞きます。

将来自分がメンターになって欲しいと言われた時は、メンティーにしてあげてみて下さい。

自分の成長にもつながります。

有料、無料もありますが、これはあなたがどう思っているかによって変わります。

お金の有無は関係ないけど、無料だと軽く見られてしまうのが嫌で有料にしている人もいます。

そのため、この金額なら大丈夫というぐらいの額でメンティーにしてあげるのがいいでしょう。

最近では、メンターという言葉が多く聞かれ、有料で多くのメンティーを抱えて生活をしている人もいます。

教える側にとっても、いいビジネスになるのです。

企業でもメンター制度をとっているところがあります。その場合はもちろん無料です。

メンターの成長とメンティーの成長の両方が見込める制度となっているのが一般的です。

スポンサーリンク

メンターがいるメリット

メンターがいるメリットを考えてみたいと思います。

彼らはそれぞれの分野で秀でた人です。

あなたが悩んでいることでも、すぐに解決できます。

ここでお気づきの方がいるかもしれませんが、メンターは分野ごとに持つと良いです。

1人じゃなきゃダメというわけではないのです。

彼らにも得手不得手があります。

メンターの長所を学んだ方が得策だからです。

あなたが苦労している分野は、有料でもいてもらうのも得策かもしれません。

逆に得意としている分野でさらに上を行く人にもメンターになってもらうのも得策かもしれません。

習慣化の場合は苦手分野の克服という意味でメンティーになるというイメージですが、メンターは得意分野にも活用できるのです。

注意する点として、メンターも人間です。

あなたに合う合わないがあります。

あなたと合う人をメンターにすると良いでしょう。

違和感を感じながら、有料でメンターになってもらってもしょうがないですから。

それはそれでお金が浪費するというストレスになってしまいます。

仮に無料でメンティーにしてくれるという人がいれば、喜んでなってもらいましょう。

もちろん、あなたが成し遂げたい分野であなたが望む生活や性格をしている人にです。

メンターを探すというアンテナを張ると、意外に見つかるかもしれません。

理想の生活をしている彼ら(彼女ら)を。

補足:

仕事まみれで24時間仕事で生きている人もいます。

そういう人生をあなたが歩みたければ、その人のメンティーになるといいでしょう。

しかし、そういう人生を歩みたくない場合、間違ってもそういう人のメンティーにはなってはいけません。

メンターは自分の経験から物事を見ます。

あなたも24時間仕事するのが普通という目で見られてしまいますよ。

そして24時間体制で仕事をすることを勧めてくるのが目に見えているからです。

スポンサーリンク

仮に、仕事に家庭にプライベートに友人にバランスを取っている人もいます。

そういう生活が理想の場合は、その生活を実現している人のメンティーになってみましょう。

さらに、仕事は人に任せ、家庭とプライベートと社会貢献に尽力している人もいます。

そういう生活が理想の場合は、その生活を実現している人のメンティーになってみましょう。

より理想の生活をしている人のメンティーになるには、突拍子もない条件があったり、膨大な金額であったりする場合があります。

ただ、メンターになって欲しい人の条件も聞かずに引き下がるよりも、条件だけは聞いてみるのもいいと思います。

条件がクリアできるなら、あなたは最短距離で理想の生活を手に入れることができます。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/09/24