ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

腹式呼吸をマスターする 脅威の5分でリラックス


スポンサーリンク

腹式呼吸

緊張状態のとき、人は胸式呼吸になっているものです。

そこで意識的に腹式呼吸を行います。

やり方が分からない方は、学んでみるのもいいと思います。

ヨガでも学べますし、歌のレッスンでも学べますし、他にも学べるところがあります。

もちろん、独学でもいいと思います。

リラックスすることはとても大事なことなのです。

スポンサーリンク

腹式呼吸の効果

腹式呼吸を行うことで、リラックスできるでしょう。

意識を呼吸に集中させて行うので、「ストレスの原因をいったん頭の外に出す」ことにもつながります。

余談ですが、腹式呼吸にはダイエット効果もあるようです。

とはいえ、歌のレッスンをすれば痩せるのかといいますと、痩せている歌手や太めの歌手がいるので、全員が全員、腹式呼吸をマスターすれば痩せるというわけでもなさそうです。

スポンサーリンク

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸は名前の通りの方法で、息を吸う時にお腹を膨らまし、息を吐くときにお腹をへこませる方法です。

お腹といってもどこを指すのという方もいると思います。

丹田というおへその下あたりをイメージしてください。

そこに空気が入っていき、抜けていくイメージです。

この空気を吸い込むときに、自然の綺麗な空気を吸い込む、息を出すときに、悪い気や邪気などを出すことをイメージすると、より気持ちが良くなります。

イメージをすることは、感情を感知するいい練習にもなるのでやってみて損はないと思います。

感情を感知するとは、本来の自分を知ることです。

仕事で左脳ばかり使っていて、理詰めの毎日を過ごしていて、自分がわからなくなってしまった人のリハビリにもなります。

本当の幸せは、自分の感情を知らないと得られないものですし、理詰めだけでは決して得られないものだからです。

他のページでも腹式呼吸を紹介しています。

過呼吸症候群のページなどです。

腹式呼吸は、いったん、気持ちを落ち着ける効果があるため、いざという時に役に立ちます。

とはいえ、いざという時に、いきなり、「さあ、腹式呼吸だ」と思ってやってみても上手くいかないケースが多いです。

やはり日頃からの練習でできるようになっていないと本番では役に立ちません。

愚直な繰り返しの練習が、いざ腹式呼吸が必要なときに役に立つのです。

とはいうものの、腹式呼吸はそんなにレベルの高いものではありません。

日々、練習していれば短い期間で身につくものです。

腹式呼吸をマスターし、いざというときにリラックスできるようにしておくのも、あなたにとって「奥の手」になるでしょう。

腹式呼吸をマスターして、ストレス発散と同時に自分のリハビリや緊張状態をリラックスさせる方法として使ってみませんか?

腹式呼吸 文部科学省版

腹式呼吸はリラックスする方法として、文部科学省でも紹介されています。

以下記載内容です。参照元:6. リラクセーション法

ストレス・緊張状態では、呼吸は浅くて速い呼吸になる。

その反対に、リラックス状態では、深くてゆったりとした呼吸になる。

緊張しているときに、深くてゆったりした呼吸をすると、気持ちが落ち着く。

このように、体の状態と呼吸には密接な関係がある。普段、私達は、無意識に呼吸を行っているが、意識して呼吸をコントロールすることもできる。

東洋では、古来から、ヨガや気功、各種武道で、この呼吸法が心身の活動を高める効果があるものとして重要視されてきた。

特に腹式呼吸は、副交感神経系の活動を賦活させる効果があることが医学的にも確認されている。

※ここから、文部科学省おすすめのやり方が記載されています。

腹式呼吸法は、下腹部が膨らんだり、へこんだりするように呼吸する方法である。

(臍の下に手をあて)体の力を抜いたまま、口からゆっくりと息を長く吐いていく。

このとき下腹部をへこます感じで息を吐いていき、苦しくならないところで、下腹部を膨らませる気持ちで、鼻から息を自然に吸っていく。

これを繰り返していくのが腹式呼吸である。

吐く息に気持ちを落ち着ける効果があるので、吐く息に注意を向けて、ゆっくりと息を吐いていく。

この時に、体の緊張も息とともに吐き出すようにイメージしながら脱力すると、リラックス効果が高まる。5~10分程度行う。

参照元:6. リラクセーション法
です。

腹式呼吸をマスターすると5分~10分でリラックスできます。

いざ緊張する場面に遭遇することは、社会人ならよくあることです。

もちろん、学生にもあります。

そんな中、ちょっとした時間を利用してリラックスする方法を見に付けておくのはとても大切だと思います。

それが今回ご紹介した腹式呼吸です。

この呼吸法はいろいろところで習う機会があります。

ヨガを習っている方はヨガでも習いますし、歌を習っている方は歌でも習います。

何も習っていない方は、文部科学省がおすすめしている方法をとってみましょう。

いざというときのために、リラックスする手札の1枚にしていても損はありません。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/09/24