ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

メニエール病の原因、症状、完治 専門医のアドバイス 


スポンサーリンク

メニエール病

メニエール病の原因

内耳を満たしている内リンパ液が過剰になると内リンパ水腫になりますが、この状態によってメニエール病が起こると考えられています。しかし、この内リンパ水腫がなぜ起こるのかについては不明です。

メニエール病は先進国に生活する人に多く、発展途上国の人には少ないことから、ストレスがメニエール病の発症に関係しているといわれています。

googleヘルスケア参照:メニエール病の症状や原因・診断と治療方法

先進国で多いメニエール病の原因は、不明といいながら、現段階ではストレスが原因とみていいのでしょう。

スポンサーリンク

メニエール病の症状

症状1 耳鳴り

耳が詰まった感じや耳鳴りが感じられます。違和感がありましたら、病院へ行くことをお勧めします。

進行すると回転性のめまいで歩けなくなったりする場合もあります。

症状2 回転性のめまい

回転性のめまいを伴います。立っているのもつらい状況になります。この症状が出たら、なんとか病院にいきましょう。

めまいの症状が出てくると、治すのが難しくなります。

そのため、めまいの症状が出る前の耳鳴りの時点(キーンとした時点)で、病院へ行くことをお勧めします。

耳鳴りとはどういう症状かといいますと、キーンとするものです。

このキーンが合図だと思ってください。

耳鳴りになったことがない人はこのキーンがイメージできないかもしれません。

しかし、経験すると耳鳴りのキーンはすぐにわかります。

症状3 吐き気。冷や汗。発作、動悸

回転性のめまいを経験すると吐き気や冷や汗、発作や動悸を引き起こすことがあります。ここまできたら、我慢せず、病院にいきましょう。

症状4 圧迫感の強い頭痛

普通の頭痛と違った、圧迫感の強い頭痛を経験する場合もあります。この場合も専門医に診てもらってください。

めまいやメニエール病を関する専門の病院もあります。

いくつか症状を上げましたが、これらの症状を伴うと、一人で病院へ行くことが難しい場合があります。

その際は、家族に車で連れて行ってもらったり、タクシーを読んだりして、できるだけ負荷のかからない方法を選んでください。

場合によっては救急車を呼ぶことも選択肢に入れてください。

「自分を抑えに抑えて頑張って、結果、働けなくなりました。」では、とても悲しいので、まずはしっかりと病院で医師のアドバイスに従いましょう。

社会復帰していく中で、自分なりのストレス対処法を持っておくとよいでしょう。

「頑張り続けた結果、潰れちゃいました。」とならないように、しっかりとセルフケアできるようになってみてください。

結果として、より頑張れる自分になれます。

より、メニエール病について知りたい方は、雑誌等にも良く紹介されています。

体験談などを見ると、とても働ける状態ではないことがわかります。

メニエール病はなる前にしっかり予防する、なってしまったら、医師の指示に従ってめまいの症状を回復させてから、適切な処置を取るのがいいでしょう。

スポンサーリンク

メニエール病の治療

薬による治療がメインですが、嘔吐がひどく、薬を飲むことさえ難しい場合は、点滴で症状を抑えてから、薬による治療に移ります。

しかし、メニエール病はストレスや、睡眠不足などが原因であることが多いため、それらを解消する必要があります。

そのため、もし上記の症状が気になるようでしたら、医師に相談して、薬に含めてもらいましょう。

また、薬によらない部分としては、生活習慣を正しくする必要があります。薬によらない部分もしっかりと面倒がらずに行って習慣化してみてください。

また、薬を使わない方法として、本ホームページにはストレスの発散と快眠の方法を記載していますので、きっとお役に立てると思います。

スポンサーリンク

メニエール病の完治

メニエール病は難病にも指定されている病気で、完治の難しい病気です。

メニエール病は初期症状のときに病院で見てもらう人少ないため、完治ができない人が多くいます。

完治が難しいのは、発見の遅れが原因としてあります。

そのため、疑わしいときは病院で見てもらうことをお勧めします。

もちろん、完治が難しい病気なので、ならないようにするのが一番です。

また、メニエール病になってしまったとしても、進行を遅らせる処置をしたり、メニエール病の原因を除去したりして、できるだけ悪化を防ぎます。

私は回転性のめまいを持っていて、メニエール病かもと思われる方は、病院で医師の指示に従い症状が回復した後、ホームページに記載された方法を試してみてはどうでしょうか?

自分にあった方法が見つかると、一生ものになります。

症状に悩まされてダウンしているよりも、行動して症状を軽減してみませんか?

行動した1年後、2年後と、行動しなかった1年後と2年後、どちらに明るい未来がまっているか、あなたならわかるはずです。

良くなる方向に向かって動き出しましょう。

あなたの体調を治すのには、あなた自身の決断と協力が必要なのです。

スポンサーリンク

雑記:回転性めまいについて

私も回転性のめまいを経験したことがあります。

凄いですね。立っていられなく、ベッドに倒れ込む感じでした。

専門の病院に行った結果、メニエール病ではなく、単なる運動不足が原因で、めまいの対策を伝授してもらいました。

めまいの対策とは具体的には運動することであり、体操することです。

後は、枕を変えることを教えてもらいました。

枕は重要です。

教えられた枕を使用して、運動するようになってから、めまいは無くなりました。

運動は、その日にしたら即めまいがなくなるものではありません。

ある程度継続する必要があります。

継続しないとめまいがなくなりません。

あと教えてもらった枕をここで紹介したいと思います。

1000万円の枕で・・・というのは冗談で1000円か2000円ぐらいで買える「蕎麦殻の枕」です。

蕎麦殻の枕がなぜいいのかはわかりませんが、私には効果がありました。

運動を続けることと、枕を蕎麦殻にい変えること。

この2つで症状が改善するかもしれませんのでお試しください。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/09/23