ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

コーチからコーチングを受ける


スポンサーリンク

コーチングとは

コーチング(coaching)とは、人材開発の技法の1つ。 対話によって相手の自己実現や目標達成を図る技術であるとされる。

相手の話をよく聴き(傾聴)、感じたことを伝えて承認し、質問することで、自発的な行動を促すとするコミュニケーション技法である。

参照:コーチング

このコーチングを行ってくれる人をコーチと呼びます。

コーチからコーチチングを受ける意味(自分を知る)

コーチは心の中にある言語化できない部分を、質問により、言語化する手伝いをしてくれます。

心の中を上手く表現できない方に向いています。

現在、多くの人が仕事で左脳偏重の仕事をしています。

そういう人ほど、心の中が見えなくなっているのです。

それがわからずにいると、心が悲鳴を上げてしまいます。

自分が求めていないのに理屈で判断するからです。

自分に正直になるにもその心が見えなくなるのです。

スポンサーリンク

「私は、不安や緊張やイライラがストレスだから偏頭痛というシグナルを送ったのに」という風に、脳は身体に何らかのしぐなるを送ってくれますが、それも心には届かない状態になります。

そうなってしまってからでも、コーチを利用することは価値があります。

それだけ自分の心と向き合うことは、一生ものの財産であるからです。

「誰でもない、自分はどう思っているんだろう」

それがとても大切なのです。

誰でもない、自分はどう思っているかを知ってから、ストレス発散、ストレス解消に進んでみませんか?

スポンサーリンク

心が見えない中でのストレス発散

心が見えない中でのストレス発散について、これは運動すれば発散できます。

ただ、好みがあるのでそれがわからない状況になります。

理屈で○○分何キロカロリー減るからとかそういう判断基準になってしまします。

実は、その理屈を心は求めていないことも多々あります。

でも心が見えないのだから仕方ありません。

心が見えない中でのストレス解消

ストレスを解消する方法はいくつもあります。ただ、問題を解決するのにも心が必要です。

そのやり方を望んでいるかどうか。

これは理屈じゃなくて心が感じることです。

心が納得する問題解決法を使うことによって初めてストレスは解消されます。

スポンサーリンク

コーチからコーチングを受ける

コーチとの対話は対面式かスカイプで行われます。

対面式であれば、喫茶店やコーチの自宅で、スカイプ式であれば、予約した時間にスカイプをする感じです。

個人的にお勧めなのが、時間が許すのであれば、コーチの自宅でのセッションがお勧めです。

混乱した頭の中や、吐き出した心の声を、ホワイトボードにまとめてくれるコーチがいます。

それを見直すことで、自分はこんなことを思っていたんだというのが見える状態になります。

まとめてくれるのはコーチですが、今までうちに秘めた自分でもわからなかった思いを吐き出すのですから相当疲れます。

ただ、この過程を通らないと、心が見える状態にはなかなかなりません。

あなたが本当に望むものをコーチに引き出してもらいませんか?

コーチの守秘義務

コーチには守秘義務があります。

そうでないと、心の底の声を言葉にできない場合が多いからです。

コーチとの信頼関係を構築することは、何よりも心の声を吐き出すのに必要なことです。

コーチングは有料で行われます。

コーチも一つのビジネスです。

信頼関係を構築したいのはコーチ側も一緒です。

そして信頼関係を構築するには守秘義務が大切なことも理解しています。

スポンサーリンク

コーチングの中身

コーチングは基本的に聞くスキルです。もちろん、コーチ側のです。

コーチングを受ける側に問いかけて、答えが返ってくるまで待ちます。

いくらでも待ちます。

この待つのもスキルです。

それが本当の心の声なのか、質問を通してより内に秘めた声を明確化していってくれます。

コーチによっては、内に秘めた声をホワイトボードにまとめてくれる人もいます。

吐き出した内に秘めた声を見える状態にしてくれるのです。

そこまでしてくれる友人はなかなかいません。

そして、コーチもプロ。

しっかりとトレーニングを積んでいます。

中には大企業で管理職を勤めていた人もコーチに転身したりしていますので、大企業で部下を持って育成してきたスキルを発揮してくれる人もいます。

コーチングの現在

コーチングは身近になってきました。昔は大企業の社長とかが対象でしたが、今では若年層でもコーチングセッションを受けています。

思い悩んだ時に、心の声を吐き出させてくれるコーチはそれほどメジャーなのです。

それほど、現在の社会が左脳偏重になっている証でもあるのかもしれません。

コンピュータ、すごく発達しましたものね。

スマートフォンもすごく発達しました。

今では自動運転車に取り組む企業も出ています。

これから、どんどん左脳思考の仕事が増えてくると思います。

理屈で考え理屈で判断する仕事です。

そうすると、心の声が聞こえなくなってきてしまいます。

最後には全く聞こえなくなります。

そう考えると、コーチの存在はありがたいものです。

本来の自分に戻るきっかけを与えてくれて、本来の自分が求める幸せを吐き出させてくれるのですから。

私が知っている限り、新入社員の人でもコーチングを受けていることがあります。

今までの学歴社会で心が望むものが見えなくなったからだと思います。

社会にでてからも、分野によっては左脳偏重の仕事が待っています。

そこでさらに自分が見えなくなります。

そいった時代に、心の声を引き出してくれるコーチは必要なのです。

コーチからコーチングを受けるメリット

「コーチを雇うメリット」という点で考えてみたいと思います。

コーチは傾聴と呼ばれる、話を聞くプロです。心の中で思っていることを傾聴によって吐き出させてくれます。

ここで始めて、自分の思いを言語化できる人もいます。

傾聴のプロと書きましたが、訓練を受けています。

こういう専門分野に長けた人には、お願いしてなんぼなんです。

訓練して磨き上げた技術で人の役に立つ。彼ら(彼女ら)の働き甲斐もそこにあります。

そういう人にお願いするのも一つの手です。

心が見えない状態でコーチングをお願いしたときに、どっと疲れることがあります。

普段、自分が見えていない本当の自分を見ることができるからです。

慣れないことをすると、どっと疲れがでるものです。

私もコーチングを受けたことがありますが、物凄い疲労感に襲われました。

相当、心が閉じこもっていたのでしょうね。

それを少しずつ吐き出したので疲れたのでしょう。

ただ、左脳系(理論系)の仕事をしている人はこの道は通った方がいいのは確かです。

幸せは心が決めることであって、理屈が決めることではないからです。

その点、コーチングを受けることはとてもためになります。

思いを吐き出して、初めて本当の自分を知る。そこから自分に合ったストレス発散法とストレス解消法をコーチと一緒に模索していく。

そして、やってみてどうだったのか、心はどう感じたかをセッションごとに報告をする。そこで、また本当の自分と向き合う。

この繰り返しで習慣化が可能になります。

一人でできない場合は、専門家にお願いする。

餅は餅屋です。

こういう解決手段もあるのです。

おかげさまで、思いを吐き出したおかげで、今は随分と心が軽くなっています。

そして、以前よりも自分が見えるようになっています。

さらに、日常の小さな幸せを感じることができるレベルにまでに至っています。

がんじがらめに封印されていた心が解放されたからでしょう。

いくら自分のこととはいえ、ひとりでは難しかったと思います。

簡単なら、

5年前にあなたは本当の自分が求めるものを知っていましたか?

4年前にあなたは本当の自分が求めるものを知っていましたか?

3年前にあなたは本当の自分が求めるものを知っていましたか?

2年前にあなたは本当の自分が求めるものを知っていましたか?

1年前にあなたは本当の自分が求めるものを知っていましたか?

にすべてYESと答えるのはたやすかったでしょうから。

というよりも、悩み多き人にはならなかったでしょうから。

悩みを多く抱えている人は特にコーチのコーチングを受けてみることをお勧めします。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/10/01