ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

拒食症・過食症 「ストレス症状」


スポンサーリンク

拒食症と過食症 ストレスは関係するのか?

拒食症と過食症は摂食障害に位置付けられます。

ストレスが関係する場合と関係しない場合があります。

この辺の切り分けは、医師に行ってもらうと良いでしょう。

仮に関係する場合、あなたは、発散法と解消法を身に着ける必要があります。

少しずつ試しながら自分の発散法と解消法を見つけ、自分の手札にしてください。

そうすることで、当面の目標は、「週の始めはストレスフリー」です。

くれぐれも医師と相談しながら、実践してみてください。

スポンサーリンク

拒食症の原因

拒食症は太ることへの脅迫観念で起こります。

社会全体がスリム=かっこいいという風潮ですので、太りたくないという気持ちに拍車がかかります。

他人から見たら、十分に痩せているのに、本人はもっと痩せようとしている場合などは危ないでしょう。

度が過ぎると、拒食症で亡くなってしまいます。

スポンサーリンク

拒食症の治療

拒食症の治療は、薬物治療と入院による食事管理があります。

入院による食事管理のほうが確実でしょう。

ただ、入院による食事管理は、重度の拒食症の方向けと言ってもいいでしょう。

標準体重を30%以上、下回る場合は緊急入院を勧められますので、入院し、必要な栄養素を摂って健康状態になる必要があるでしょう。

そこまで重症でない場合は心理療法と薬物治療が行われます。

拒食症の心理療法はストレス対策を学びます。

薬物治療は必要であれば行われます。

心理療法でよければ、薬物を医師から処方されない場合もあります。

拒食症の対策 ストレス対策を学ぶ

拒食症の対策はストレス対策と同じとみてもいいでしょう。

より拒食症について専門的に記載しているページをご紹介します。

参考URL:今日から始められる、摂食障害の克服法

このサイトには以下の点について詳しくまとめられています。

1.気持ちを楽にし、ストレスをなくす

2.食事はみんなで楽しく!

3.家族・友人のサポート

4.自信をつける

基本は当ホームページで記載されている対策で十分かもしれませんが、より拒食症に焦点を当てて対策したいときには参考にしてみてください。

スポンサーリンク

過食症の種類

過食症には「食べた後、嘔吐するタイプ」と「食べた後、嘔吐しないタイプ」があります。

前者は標準体重よりも若干痩せてるぐらいの見た目をキープするので、過食症か見分けにくいです。

後者は嘔吐がないために、だんだんと体重が増えていきます。そうすることで、あらゆる病気の原因になってきます。

スポンサーリンク

過食症の行動

過食がコントロールできない、短いスパンでの過食、体重の急な増減、嘔吐、下痢

上記に当てはまる場合、過食症の可能性があります。

参考URL:食べることが止められない、過食症とは?

拒食症、過食症の可能性のある方は以下のURLを参照下さい。

食べることが止められない、過食症とは?

拒食症と過食症について詳しく記載されています。

最終的には医師の診断で病名は決まります。過食症、拒食症は医師の診断を仰ぎ、医師の治療に従ってください。

その上で、発散法と解消法をマスターして、症状が楽になるように取り組んでみてください。

過食症の対策 ストレス対策を学ぶ

過食症の対策はストレス対策と同じとみてもいいでしょう。

より専門的に記載しているページをご紹介します。

今日から始められる、摂食障害の克服法

基本は当ホームページで記載されている対策で十分かもしれませんが、より過食症に焦点を当てて対策したいときには参考にしてみてください。

雑記:

過食症で悩んでいる人が私の周りにいます。

近くにいるだけでわかるんですが、食欲がすごいんです。

さっき食べたじゃないと思ってもお菓子などを食べています。

食べることで、仕事の効率を上げているのだそうです。

ただし、残念なことに、体重は増していっているようです。

糖分を摂ることで仕事の効率を上げるは一見、理に適っていますが、適度にしたいところです。

その人の場合、食べるのが好きなのと、それしか仕事の効率を上げたり、発散する方法を知らないのだと思います。

発散する方法は今までまとめられていなかっただけで無数にあります。

その無数にある方法の中から、7つも自分のものにすれば、おそらくもう敵なしでしょう

3つでも十分です。

ない人は1つでも全然違います。

当ホームページを参照して、1つでも自分の手札にしてみてください。

そして、徐々に手札を増やしてみてください。

増やし方は、分野ごとに分けたほうがいいでしょう。

具体的には、

1.休息、リラックス分野

2.運動分野

3.思考分野

です。1と2でスッキリして3で原因を突き止め、解決しましょう。

それぞれ、当ホームページで記載していますのでご参照ください。

つまり、1の分野で1つ、2の分野で1つ、3の分野で1つ手札を持っているだけでかなり使えます。

例えば、

1の分野・・・アロママッサージ

2の分野・・・スロージョギング

3の分野・・・KT法

でもいいですし、

1の分野・・・音楽を聴く

2の分野・・・サッカーをする

3の分野・・・PDCAサイクル

でもいいのです。

こう書いてみると、あれ?私これできる!と思ったものもあると思います。

それを使いこなして、上手く発散解消していきましょう。

あなたの行動が自分に合ったとき、ストレスは解消され、症状が軽減されることでしょう。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26