ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

驚愕!過敏性腸症候群(IBS) 「ストレス症状」


スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)

ストレスが原因で起こる身体的影響として、過敏性腸症候群(IBS)があります。

過敏性腸症候群(IBS)はとてもつらい病気です。

極度の緊張、不安などで起こる症状です。

全人口の10%~20%ぐらいの人に起こる、メジャーな病気なのです。

最近は、過敏性腸症候群(IBS)のCMも流れていますよね。

CMで流れる前は人口の10%~20%も羅漢する病気なのに、過敏性腸症候群(IBS)はあまり知られていませんでした。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)の種類

ところで、過敏性腸症候群(IBS)は1つの症状をさして言うのではありません。4つの症状があります。

  1. 便秘型
  2. 下痢型
  3. 便秘・下痢混合型
  4. ガス型

いずれの過敏性腸症候群(IBS)はの症状でも腹痛を伴う場合があります。

過敏性腸症候群(IBS)の症状の中で最もストレスが大きい症状とされるのはガス型です。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)の対策 カウンセラーにカウンセリングしてもらう

もし過敏性腸症候群(IBS)のガス型の場合は、専門家やカウンセラーにカウンセリングを依頼し、ストレスを軽減することをお勧めします。

この病気でカウンセリングを利用する人は多く、カウンセリングによってストレスを軽減させています。

カウンセリングから、日常生活を洗い出し、症状を悪化させている原因がわかることもあります。

また、アドバイスや他の患者さんのカウンセリング例を聞くことができるでしょう。

あなたに合うかはわかりませんが、他の患者さんがよくなったカウンセラーの話は役に立つかもしれません。

一人で悩まず、迷わず、専門家やカウンセラーに相談して一歩一歩前進してみてください。

カウンセラーのカウンセリングを受けたらすぐ治るという病気ではないので、ある程度根気が必要です。

ですが、一人で悩んでいるよりも、カウンセラーのカウンセリングを受けたほうが治りが早くなると思います。

過敏性腸症候群(IBS)の診療 医師の診療を受ける

病院で診療を受けてみましょう。

過敏性腸症候群(IBS)と診断されると、薬が処方される場合があります。

代表的なのが、ガスコンです。

薬が合う合わないはありますが、飲んで解消されるなら飲みましょう。

この過敏性腸症候群(IBS)の4つのタイプは、どれも大変なものです。

たまに、便秘や下痢という方を見かけます。

それは、過敏性腸症候群(IBS)の可能性もあるのです。

スポンサーリンク

過敏性腸症候群(IBS)の診断

過敏性腸症候群(IBS)は、検査で判明するわけではなく、問診(診断)で判明します。

ストレスによる下痢もそうです。検査で判明するのではなく、問診(診断)で判明します。

過敏性腸症候群(IBS)は20年以上前と比べて、認知度が随分とあがりました。

それほど、ストレスによる便秘や下痢、ガスなど症状で悩まれている方が多いということです。

過敏性腸症候群(IBS)はすぐに完治するわけではなく、病院に行ったとしても、長い間、その病気と付き合っていかなければなりません。

過敏性腸症候群(IBS)になった方が自分でできるケア

もしどうしてもすぐに過敏性腸症候群(IBS)の症状をどうにかしたい場合、ストレスの原因を除去する必要があります。

その環境に慣れるか、環境を変えられるものなら変えることです。

また、極度のストレスが原因ですので、ストレス発散方法と解消方法を使って、解消することをお勧めします。

ずっと苦労するよりも、行動をとった方がいいからです。

「週の始めをストレスフリー」でスタートするだけでも過敏性腸症候群(IBS)の症状は和らぐでしょう。

過敏性腸症候群(IBS)になった方の食事

過敏性腸症候群(IBS)は食事にも気を使う病気です。

食事が原因で、過敏性腸症候群(IBS)の症状を悪化させてしまう場合があります。

過敏性腸症候群(IBS)のガス型の例を上げますと

食物繊維は合う人と合わない人がいて、合う人は症状を楽にしますが、合わない人は症状を悪化させる原因になります。

また腹八分目にすることにより、過敏性腸症候群(IBS)の症状が改善する場合があります。

ヨーグルトによる臭い対策

ガス型の臭いの対策として、ヨーグルトを含んだ食事があります。食事としてヨーグルトをとり善玉菌を増やすことにより、臭いを軽減します。

ただ、乳製品ということで、食事の際にヨーグルトをメニューに入れられない人もいます。合う場合は健康にもよいですので食事のメニューにヨーグルトを入れてみるのもいいかと思います。

食事の際のヨーグルトが合わない場合は食事にヨーグルトを入れると症状を悪化させる恐れがあります。

そのため、食事にヨーグルトを入れてみるときは、外出の予定がない日に試すのがいいと思います。

もし食事の際のヨーグルトが合わなかった場合、過敏性腸症候群(IBS)のガスばかりか下痢にもなり、食事でヨーグルトを摂取したことによって逆につらくなってしまいます。

女性の場合は便秘気味になりがちですので食事の際にヨーグルトが最適な場合多いのも事実です。

食事とともにヨーグルトを摂ることは便器解消も役立ちますから。

ですが、男性の場合、食事にヨーグルトを加えると体調を悪化させるという方が意外に多いです。

カフェイン、乳製品、アルコール、たばこ、脂分を控える

また、食事の際、カフェイン、乳製品、アルコール、たばこ、脂分の多い食事、カレーなどの刺激物は、症状を悪化させる原因にもなるので、食事では避けたほうが賢明でしょう。

もし、過敏性腸症候群(IBS)の方でお茶を飲みたいという方がいましたら、麦茶にしましょう。

カフェイン0ですので、症状を悪化させる原因にはなりません。

最近、カフェイン0飲料増えましたね。十六茶でも爽健美茶でもカフェイン0になっています。

その点、お茶愛好家には飲みやすくなったと思います。

あと、いくら飲みやすくなったからと言って、飲みすぎるのはやめましょう。

これは過敏性腸症候群(IBS)の症状というよりも、普通の下痢になってしまいます。

あとは胃酸を薄めすぎる原因になってしまいます。

適度が重要です。

過敏性腸症候群(IBS)に良い食事はというと、消化の良いものになります。味噌汁やうどん、煮魚などです。

また、過敏性腸症候群(IBS)の下痢型で困っている方もいるでしょう。

下痢型で困っている方は、下痢止めと病院で出してくれる薬が有効です。

アロマオイルでリラックスする

そのほかにも、アロマオイルも有効です。

アロマの香りはストレスを軽減してくれますし、アロママッサージは精神をリラックスさせてくれます。

また、アロマの芳香剤は部屋に置くだけでいいですし、アロマにはバス用品もあります。

女性の方は、彼氏や旦那様にアロママッサージをしてもらったり、専門店に行ってアロママッサージをしてもらい、リラックスするのもいいでしょう。

なってしまった本人にしかわからないのが病気の特徴。

人によっては、ストレスによって、死の病にかかってしまう人もいます。

過敏性腸症候群(IBS)は死の病でないことが救いです。

症状の強さには個人差があるので、仕事もままならないという方は、ぜひ、専門医のアドバイスを求めてください。

適切なアドバイスと、薬の処方をしてくれるはずです。

この病気を患った人の辛いところが、抜け出せない会議などに遭遇したときです。

そういうときに体調を崩すととてもつらい経験になります。

体調管理をこまめにして、体調維持に心がけてくださいね。

体調管理の手を抜くと、すぐにしっぺ返しがきます。

徹底した体調管理があなたの不安を和らげます。

追記:学生でこの病気にかかった人はかなりつらいと思います。

社会人の会議では、トイレや仕事の電話で抜け出すこともできる場合がありますが、授業はなかなかそうはいきません。

どうしても、トイレに駆け込まなければならないときがあります。

女性の方は、生理など何か言い訳を考えておく必要があるでしょう。

男性の言い訳はなかなか難しいところがあります。

授業時間に外に出られないのは、小中高校ぐらいです。

大学以降は比較的自由が利く場合が多いです。

この情報を持っているだけでも、全然違うと思います。

自暴自棄にならずに、ストレスとうまく付き合い夢に向かって進んでみてください。

この病気になったからといって、夢をあきらめることはしないでくださいね。

スポンサーリンク

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26