ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

狭心症 「ストレス症状」 これが狭心症だ!


スポンサーリンク

狭心症

過労や不安やイライラが原因で引き起こされるとされる狭心症は、安静にしたり不安やイライラがなくなると、15分以内で症状が回復するので、リラックスする方法を覚えておくと効果的です。

休息、リラックスを主とするストレス発散方法が効果的です。

それが終わってから、解消法に移ることで、次、同じ事態に陥った時に症状は軽減されると思います。

しかし、これも医師の指示に従って行ってください。

医師に相談しながら、発散・解消していくことが、あなたが最もできる確実なことです。

身体は一生ものですので、大切にしてあげましょうね。

スポンサーリンク

狭心症の検査

狭心症の検査は問診に加え、心電図、胸部X線検査、血液検査でまず、狭心症の疑いがあるか確認します。

狭心症の疑いがあると、さらに詳しい精密検査を行います。

精密検査として、運動負荷心電図、心エコー検査、24時間(ホルター)心電図、心臓カテーテル検査などが行われます。

参考URL:狭心症・心筋梗塞のQ&A

スポンサーリンク

狭心症の治療

狭心症になってしまった場合の治療法として、薬を飲む方法と、経皮的冠動脈形成術(PCI) 、冠動脈バイパス手術の3通りがあります。

狭心症の薬物治療

狭心症の薬物治療には、発作を抑える薬と血栓ができないようにする薬を使います。

血栓ができないようにする薬には、血液をさらさらにする効果があります。

経皮的冠動脈形成術(PCI)

冠動脈の狭くなった部分を拡げる治療です。

狭心症バイパス手術

薬物療法と経皮的冠動脈形成術(PCI)では治療が難しい場合に行います。

参考URL:狭心症の治療は早期発見が肝心 症状から治療、その後の生活のしかた

より詳細に治療のことを知りたい場合は、

狭心症の治療は早期発見が肝心 症状から治療、その後の生活のしかた

をご参照ください。

より詳しい専門的な知識と治療法、そして生活の仕方が学べます。

狭心症と診断された場合、治療を受けながら、ストレスの発散方法と解消方法を覚えることをお勧めします。

もちろん、病院の医師と二人三脚でです。

病院の医師に「こんなストレス発散方法を試してみたいんですけど、良いですか?」と確認してから試しましょう。

そして、それを繰り返しているうちに、いくつかの発散方法や解消法を手に入れることができると思います。

そうなれば、セルフケアができるようになり、症状が和らぐかもしれません。

ぜひ、「週の始めはストレスフリー」を実践してみて下さい。

スポンサーリンク

狭心症は日本の3大死因の1つ

狭心症は日本の3大死因の一つです。

その予防方法を専門の研究機関が開設しています。

参照リンク:心筋梗塞、狭心症-その予防と治療

この研究機関によると、予防法は以下の通りになります。

◦禁煙する

◦塩分・糖分・脂肪分を取り過ぎない

◦バランスのよい食事をとる

◦適度な運動をする

◦ストレスを避け、規則正しい生活を送る

◦血縁者に心筋梗塞の患者がいれば生活習慣に注意を

◦高血圧・糖尿病・高脂血症の早期発見を

◦強い胸痛を感じたらすぐ病院へ

参照リンク:心筋梗塞、狭心症-その予防と治療

やはり、ストレスが原因の一つになっています。

専門医に症状を診てもらって、これらの予防策を提案されたら迷わず日々の生活に取り入れましょう。

ストレスが原因の場合は当ホームページをご参照ください。

また他にも当ホームページで勧めていることが記載されております。

◦バランスのよい食事をとる

◦適度な運動をする

◦ストレスを避け、規則正しい生活を送る

◦高血圧・糖尿病・高脂血症の早期発見を

です。

◦強い胸痛を感じたらすぐ病院へ

とありますが、これは病院へ行かないとどうにもなりません。

私も経験がありますが、病院に行かないとどうにもなりませんでした。

幸い狭心症ではなかったのですが、専門医に診てもらうのが一番早く確実でしょう。

◦禁煙する

私もタバコを吸っていた時期がありましたが、幸いすぐに辞めることができました。

昔はコミュニケーションのツールという言い訳で通っていましたが、最近では禁煙する人も増えています。

喫煙することに対しての害がクローズアップされるようになってきたからです。

そのほかにも、税金が上がったのも原因かもしれません。

このページを見てくださっている人の中には、私が職場に配属された時には、タバコの煙でモクモクしていたという人もいるかと思います。

しかし、時代は変わりました。

多くの企業で、喫煙室を設け、喫煙者を分別するようになっています。

そして、徐々にその喫煙室も減りつつあります。

階ごとにあった喫煙室が2階に1階などに変わってきています。

喫煙がかっこいいと思う時代も終わりました。

そして喫煙をコミュニケーションのツールとして使おうと思う時代も終わりました。

むしろ嫌がられることが多いのが現在です。

禁煙できるのであれば禁煙するのが、自分のためにも周りのためにも良いでしょう。

特に若者は喫煙者を嫌います。若者の喫煙離れは進んでいます。

時代の流れに乗って、健康を手に入れてください。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26