ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 「ストレス症状」


スポンサーリンク

胃潰瘍

もう、子供の頃の話ですが、親が胃潰瘍になりました。

苦しんでいる母親をとても心配したものです。

今のようにネットが発達した時代でもなかったので、

胃潰瘍って何?

それって痛いの?

つらいの?

どうして胃潰瘍になったの?

何が原因なの?お母さんが胃潰瘍になるほどの原因ってあったの?

どうしたら治してあげられるんだろう。

薬を飲む母親を見て、そんなことばかり考えていました。

もちろん、私の頭の中は、母親の胃潰瘍のことばかりで、勉強なんて手つかずの状態です。

成績が一気に落ちたのを心配して、学校の先生が家庭訪問に来てくれたりもしました。

そこで私が胃潰瘍のことばかりを考えていて、授業も上の空だったことがバレてしまいました。

胃潰瘍になったことのある人には、私の母の辛さが分かると思います。

そしてお母さんが胃潰瘍になったときの子供の気持ちも、胃潰瘍のお母さんを持った人には分かると思います。

もちろん、お父さんが胃潰瘍になったことのある人も、「原因はなんだろう、どうしたら治してあげられるんだろう。」という気持ちだと思います。

胃潰瘍の原因

胃潰瘍はストレスが原因とする場合と、そうでない場合の2つの説があります。

私の母親はストレスが原因の胃潰瘍でした。

どちらの説にしても、胃潰瘍になった後の発散・解消するために運動が勧められています。

スポンサーリンク

胃潰瘍 ストレスが原因だった場合にできること

大人になった今だからこそわかりますが、診断を受けると適度な運動を勧められます。

発散・解消方法を胃潰瘍になった後に学ぶか、なる前に学ぶかの違いだと思います。

どちらにしても、「週の始めはストレスフリー」を実践していれば、仮に胃潰瘍になったとしても重くはならないでしょう。

原因をしっかり除去できているからです。

胃潰瘍の方は、自分向けの発散・解消方法を持っておきましょう。

現在はおかげさまで、母の胃潰瘍は治っております。

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍

続けて、十二指腸潰瘍のお話し。

十二指腸潰瘍は私が経験しました。

物凄く体調が悪い日が続いて、定時までどうにか凌ぐ仕事をしていました。

ある日、病院で胃カメラ検診を受けてみると十二指腸潰瘍と判明しました。

胃カメラを飲みながら、看護師さんに、「これは物凄く辛いでしょう」と言われた記憶が残っています。

胃カメラ検診を受ける直前は、十二指腸潰瘍とは知らず、「最近、随分と楽になったな~」と思っていたぐらいでしたのに。

十二指腸潰瘍って物凄く辛いんです。

定時勤務も辛いぐらいに。

十二指腸潰瘍の経験者ならわかると思います。

この辛さが。

(余談ですが、十二指腸潰瘍は、胃カメラを飲むとわかります。)

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍の原因

十二指腸潰瘍の原因はまさにストレスによるものでした。

当時私の上司の部下だった人は何人か十二指腸潰瘍を経験しています。

それを私は十二指腸潰瘍経験者から聞きました。

今はもう治って、十二指腸潰瘍の症状はなくなりましたが、当時の記憶をたどると、十二指腸潰瘍の辛さがわかります。

十二指腸潰瘍がこんなに辛いんだから、胃潰瘍だった母は相当辛かったんだろうな。

と十二指腸潰瘍を経験して思いました。

胃カメラ検診の日は十二指腸潰瘍の薬をもらって帰ってきました。

十二指腸潰瘍 ストレスが原因だった場合にできること

発散・解消方法をマスターして原因を除去していれば、十二指腸潰瘍になることもなかったことでしょう。

もしくは看護師さんが、「これは相当つらいでしょう」というほどの十二指腸潰瘍にはならずに、もっと軽いもので済んだでしょう(胃カメラ検診を受けたときは、十二指腸潰瘍も相当楽になっていましたが)。

発散・解消方法の手札を持つことは、病気になる原因を除去し自分を守るためにとても重要なことなのです。

現在はおかげさまで、私の十二指腸潰瘍は治っております。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の話を記載していて、自分が辛い思いをした経験を、みなさんに味わってほしくないなと改めて思いました。

スポンサーリンク

胃潰瘍、十二指腸潰瘍から学んだこと

子供心に、母親が胃潰瘍で苦しんでいる姿を見るのは辛いものがあります。

胃潰瘍の症状を見て、胃潰瘍のことばかりが頭の中を占めて、勉強どころではなくなります。

そして、本人が十二指腸潰瘍になったとしても、辛いものがあります。

プロとして仕事を持っているわけですから。

十二指腸潰瘍にならないようにストレス対策するのは自己責任です。

なかなか十二指腸潰瘍にならないための講座とか設けている企業はありません。

家計を支えている方や育児を支えている方で、胃潰瘍になっても、十二指腸潰瘍になっても、引くに引けず、薬で耐えている方も多いと思います。

私の母親が胃潰瘍を薬で耐えていたように。。。

そして私もプロとして薬で耐えていたように。。。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍でお悩みの方は、ぜひ、発散・解消方法を身に着けて下さい。

症状は随分と軽くなります。

空き時間にでも、対策を始めてみませんか?

追記:胃カメラを飲んだことのない方もいらっしゃるかと思います。

とても苦しいですけど、胃カメラを飲むことでわかる病気もあります。

若いうちにでも胃カメラを飲むことをお勧めします。

毎年検査後は、もう二度と飲まないと思いますが、翌年は勇気を振り絞って飲んでいます。

それほど苦しいものなんですよね。胃カメラって。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26