ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

睡眠障害 過眠症を中心に


スポンサーリンク

睡眠障害の種類

睡眠障害は以下の4つに大別されます。

  1. 不眠症
  2. 過眠症
  3. 概日リズム睡眠障害
  4. 睡眠関連呼吸障害

スポンサーリンク

不眠症

不眠症には4つのケースがあります。
・寝付けない
・中途覚醒
・早朝覚醒
・熟眠障害

これら4つのケースに応じて、病院に行くと薬が処方されます。

例えば、寝付けない場合は、睡眠導入剤です。

中途覚醒の場合は、長時間効果のある薬が処方されます。

スポンサーリンク

過眠症

過眠症とは睡眠が異常に多くなる障害です。

ウィキペディアによると、

一日10時間以上の睡眠を最低2週間常に取っているか、日中に何度も居眠りをしてしまう場合に過眠症と診断される。

ようです。

以下、ウィキペディアによる過眠症の定義を記載します。

過眠症(かみんしょう、英:hypersomnia)とは、睡眠が多いがそれでも眠いという状態であり、そのことが著しい苦痛あるいは機能の障害をもたらしているのが、睡眠障害である。持続しているものであり、当人が正常な生活を保つために必要な睡眠時間を確保できない睡眠不足とは異なる[1]。DSM-5『DSM第5版』では、過眠障害(かみんしょうがい、英:Hypersomnolence Didorder)である。

参照URL:過眠症

概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害は、社会生活の時間帯と自分の体内リズムが合わないことで起こる障害です。

こういう場合が続く仕事もありますが、体内時計をリセットするなど、調整が必要です。

スポンサーリンク

睡眠関連呼吸障害

睡眠関連呼吸障害は、眠っている間、無呼吸の時間が多い場合があるなど、呼吸に異常がある場合をいいます。

睡眠障害の対策

睡眠は、健康的な生活の基本ですので、自分に合った睡眠時間を取ることが望ましいです。

体内時計をリセットする方法ですが、「朝日を浴びる」です。そうすることで、体内時計はリセットされ、自然と夜眠くなります。

なぜかというと、朝日を浴びることで、脳は眠気を及ぼすメラトニンを出すのをやめ、14~16時間後にまた、メラトニンを出し始めるという作りに人間はなっているからです。

メラトニンの分泌により、人は眠くなる作りになっています。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法を、ストレス発散の項目で記載しました。

それを参考にして、色々試しながら、ぐっすり寝られるよう工夫してみてはいかがでしょうか。

知識はホームページ上に載せています。

概要を紹介しますと、

・寝る2時間以上前の運動は睡眠の質を上げる

・寝る2時間前までに電子機器の使用をやめる

・眠くなってから布団に入る

・ストレッチで血行をよくする

・温めのお湯に入浴して血行をよくする

・眠りやすい環境を作る(カーテン、寝具、室温等)

・眠りにつきやすくなるアロマの香りを利用する

・午後からのカフェインを控える

・飲酒を控える

・ヒーリング音楽を聴く

読んだらチャレンジです。

そうしてチャレンジしていくうちに、知識が知恵に変わり、経験値として血肉になります。

ぐっすり眠れるコツを学んで、試してみて下さい。

あなたの手札としてきっと活きるはずです。

雑記:
睡眠は体力を回復させる上でとても大切なものです。

身体的な体力、精神的な体力両方に必要です。

眠れない苦労はわかります。

どうしても眠れない場合は、医師に助けてもらいましょう。

病院で診断を受けると、睡眠薬を処方してくれるかもしれません。

薬はできるだけ飲まないほうがいいのはもちろんですが、眠れないのなら、薬の力を借りてでも眠ったほうがいいと思います。

寝られる状態が普通になると、眠れないことが減るかもしれません。

人は必ずといっていいほど、何か悩みを持っています。

それがたまたま睡眠障害だったというだけのことです。

適切な処置を医療機関に仰ぎましょう。

ストレスが原因なら、セルフケアを学びましょう。

リラックスする方法や、運動する方法などいろいろ当ホームページで紹介しています。

色々な病気を取り上げていますが、人それぞれ、いろいろな病気で苦しんでいます。

もちろん、口にするかは別ですが。

睡眠障害の症状を改善する一歩を踏み出しましょう。

きっと日々の生活が楽になるはずです。

睡眠障害があなたを悩ませているのなら、その症状が少しでも改善することで、悩みが減るかもしれません。

悩みが減った部分を幸せを感じることに使いましょう。

幸せを感じて過ごすことはおそらく人生で一番大切なことです。

寿命を全うする際に、「いい人生だった」と思える一つの要因だと思っています。

もし睡眠障害がそれを妨げているのなら、すぐに対策を打ちましょう。

明日より今日です。

一時期、「今でしょ」という言葉が流行りましたが、まさに「今でしょ」なんです。

すぐに行動に移しましょう。

行動に移さない間にも、時間は刻々と過ぎていっています。

幸せを感じる時間が刻々と減っていっています。

専門医の力を借りるところは借りて、自分で改善できるところは自分で改善するように心がけましょう。

少しずつでもいいので行動していくと、上手くいったり、失敗したりすると思います。

それが、あなたの知識と経験を増やし、あなたにとっての最善な方法がわかるようになります。

もし成功すれば、あなたが幸せを感じる時間が増えると思います。

そうなったとき、それはそれでいいのですが、同じ悩みを抱えている人に、自分のとった方法を紹介してみるのもいいでしょう。

睡眠障害の体験談は体験した人にしかかけません。

それに立ち向かった成功体験、失敗体験も、それを経験した人にしか書けません。

まずは自分の症状を軽くし、余力がでたら、体験談を書いてみるのもいいかと思います。

過眠症の場合も医師に相談することをお勧めします。

医師はその道のプロフェッショナルです。

過眠症で寝ても寝ても昼間に眠くなってしまう人は医師に相談しましょう。

きっとあなたの過眠症を治すアドバイスをくれるでしょう。

 

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/10/01