ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

パニック障害 「ストレス症状」


スポンサーリンク

パニック障害

ストレスにより、動悸や息切れ、めまいなどを起こす障害です。

普段からストレス(不安やイライラ)環境にさらされていることが多いのが特徴です。

ストレス(不安やイライラ)に弱い人は、症状として身体や心に出てきます。

もし、自分はパニック障害かもと思いましたら、医師の指示に従うのがベストな選択です。

しかし、医師はストレス発散法やストレス解消法を教えてくれるわけではありません。

薬物療法による治療をメインに行うでしょう。

スポンサーリンク

そのため、医師の治療を受けながらも、徐々に、自分でストレス発散法と解消法を身に着け、症状が出ないようにすることをお勧めします。

もちろん体調第一ですので、医師がストレス発散法やストレス解消法を身に着ける段階にないという判断を下したときは、それに従ってください。

焦らずとも、自分で自分のストレスをコントロールできる日は来ます。

スポンサーリンク

パニック障害の診断

パニック障害はどのように判明するのでしょうか?

それは問診によってパニック障害かどうかを見極めます。

動悸やめまいが起こったときの症状を医師に話すと、医師がパニック障害かどうか判断してくれます。

スポンサーリンク

パニック障害に適さないもの

パニック障害には適さな飲み物も存在します。

アルコールやカフェインです。

喫煙も悪影響を及ぼします。

さらには、過剰なダイエットも悪影響を及ぼします。

度を超えるとなんでもあまり良くないんですね。

スポンサーリンク

パニック障害になりやすい性格

不安を感じやすい人がパニック障害になりやすいです。

性格の改善はなかなか瞬時にはできませんので、不安が原因だと思う方は、運動によるストレス発散を使って、一時的に頭の外に不安の原因を出すか、趣味に没頭するなどするといいでしょう。

パニック障害の遺伝

家族に精神疾患者がいた場合、遺伝の可能性もあります。ただ、こればかりはどうにもならないので、今生きていることに感謝し、不安を発散したり解消したりする方向へ進むことをお勧めします。

前を向いて歩いていくと、必ず光ある未来が開けます。

後悔してもどうにもならないことは後悔するだけ時間の無駄です。

不安を感じている状況を今すぐなんとかしたい場合は、30分間走ったり、フットサルなどをしたりして、身体を動かすことをお勧めします。

不安をいったん、頭の外に追いやるだけでも全然違ってきます。

膝に爆弾を抱えていたり、体重が重めの方は、水中ウオーキングでも十分です。

陸上のウオーキングよりも倍カロリーは消費しますし、気持ちいい水温の中で歩くとスッキリします。

前を向いて、上を向いて歩く工夫をしてみましょう。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26