ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

アルコール依存症 「ストレス症状」


スポンサーリンク

アルコール依存症

アルコール依存症とは、アルコールが持つ作用に魅せられ、自分ではアルコールを飲むことを制御できなくなってしまう症状のことをいいます。

ある意味、快をアルコールで得ているのです。しかし、周囲に迷惑をかけていることも少なくありません。

アルコール依存症の人は、わかってはいるけれどやめられない。という、まさにドラッグ状態となります。

アルコール依存症から脱却するためのプログラムを病院で用意しているところもあります。そういったところから脱却を目指すのが、近道でしょう。

しかし、なぜアルコール依存症の人たちは、アルコール依存症に陥ってしまったのでしょう。

やはり、ストレス(不安やイライラ)も原因の一つだと思います。

もっと他のストレス発散法やストレス解消法を会得していれば、結果は違っていたかもしれません。

スポンサーリンク

どこにも行き場のないストレス(不安やイライラ)をアルコールで解放するのではなくて、もっと健康的に運動で解放してみたら結果は違っていたでしょう。

快をもたらす物質は運動でも出てきますよ。

30分ジョギングしただけでも、脳内でモルヒネに似た物質が分泌されます。

それこそ、健康的な快が得られるのです。

専門的に物質名を書きますと、β-エンドルフィンといいます。

そして、2時間以上前に運動すれば、質の良い眠り(快眠)にもつながり、とても効果的です。

ある程度、アルコール依存症プログラムを実践してきたら、静と動(リラックスと運動)のストレス発散法やストレス解消法もマスターしてみましょう。今までと違ってくると思いますよ

スポンサーリンク

アルコール依存症の治療

もしアルコール依存症になってしまった場合、治療を受けることになります。

治療は3段階に段階を踏んで行われます。

1.解毒治療
2.リハビリ治療
3.退院後のアフターケア

基本的に入院しなけらばなりません。

お酒好きは多くいますが、飲みすぎると依存症になってしまいますので、ストレス解消手段としてはあまり適さないのです。

とはいえ、サラリーマンでは役職が上がると飲み会が多くなる傾向にあります。

よく、1年の半分は飲み会という人もいます。

そういう人たちは、役職を得るのと同時に、健康を失っているのです。

また、コミュニケーションは大切ですが、それと同じくらい大切な自分の時間も失っているのです。

何事も適度がいいですね。

度を超えると、身体と心が悲鳴を挙げてしまいます。

アルコール依存症でなくても、年齢を重ねるごとに、身体のどこかに異常が出てきます。

代謝能力や肝機能能力は、徐々に落ちていくのです。

最後には健康が第一と皆気づきます。

最後の最後まで気づかない生活をすると後で取り返しのつかないことになります。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26