ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

友達を作る 「習慣化」


スポンサーリンク

友達を作る

運動が続かないという方もいるかと思います。

そういう方は、一緒に運動してくれる友達を作る方法も一つの手です。

一人では続かないけど、友達となら続く人もいます。

もし、近所に一緒に運動してくれる友達がいないなら、ジムに入会する方法をとるのもいいでしょう。

そこで、見つかれば励みになります。

ダイエットを目的にしているか、筋力アップを目的にしているか、ストレス発散を目的にしているか、人それぞれだと思いますが、「運動する」習慣がついている人と友達になれればしめたものです。

良い習慣は伝染します。

また、裏ワザとして、犬を飼う方法も運動するようになります。

犬の散歩は良い運動になるのです。

犬の散歩をしていると、近所の犬の散歩をしている人に偶然出くわすことがあります。

そこでも会話が弾み、友達を作ることが意外に早くできてしまいます。

共通の趣味を持つと意外に早くできるんですね。

その趣味がペットというのでもいいのかもしれません。

スポンサーリンク

そして、運動していくうちに、運動後の快を脳が覚えます。

そうなると、自ずと運動する自分になります。

そこに至るまで、友達やペットの力を借りるのもアリです。

心身ともに良い運動習慣が身に着けば、まさに一生ものです。

スポンサーリンク

友達とストレスフリーの状態へ

ストレスフリーの状態には、意外に早くなれます。

健康的に筋肉をつけたり、痩せたりするよりもずっと早いです。

それだけ、快を覚える人間の脳は優れているのです。

スッキリした状態になったら、その後、改めて問題と向き合いましょう。

悩んでいるよりも行動です。

行動してこそ、自分に合う合わないがわかります。

行動して合わなければ次のを試す。

その心意気で自分に合った運動を見つけることをお勧めします。

いまいちスッキリしないんだよな~と思っている方はぜひ行動してみて下さい。

意外にスッキリした状態はすぐに手に入りやすいのです。

その状態になると、身の回りの小さな幸せを見つけやすくなります。

今までと変わらない日常のはずが、些細なことで幸せを感じるようになります。

今まで悩み事などで脳内をいっぱいにしていたのが、余力ができて、身の回りの幸せに意識がいくようになるのです。

幸せは、自分が何を幸せと思うか知らないと手に入らないのと同時に、ストレスフリーにならないと、身の回りの小さな幸せは見つけにくいのです。

アンパンマンのテーマソング、アンパンマンのマーチで「何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる、そんなのは嫌だ!!」とありますが、わからないで終わる方が非常に多いのが現実です。

あなたは今、

何が君の幸せ?

何をして喜ぶ?

に答えられますか?

答えられないのなら、答えられるようになってください。

心が望むものをわかっているのとわかっていないのとで、あなたがする行動が変わってきます。

この答えを気づかせてくれる人がいれば、ぜひ頼ってみてください。

友達を作ることのメリット

人には必ず老いがきます。そんなときに、語り合える友達の存在はとても貴重です。

生涯の宝物と表現しても大げさではありません。

若いうち、現役のうちは、ともにリラックスや運動して体調コントロールするための間柄でも、それも思い出となり、大切な人生の一ページになります。

ストレスマネジメントのためにだけではなく、友達を持つことはとても大切なので、自分のためにも取り組んでみましょう。

友達は同性と異性の両方がいい

友達は同性と異性の両方いてくれたほうが何かといいです。

それぞれ、違った観点でアドバイスをくれたりします。

異性は友達になりえないという話も昔ありましたが、そんなことはないと思います。

もし、友達になりえないという考えている方は、同性のみにしておきましょう。

近年、同性だけの飲み会などが増えています。

理由は気楽だからです。

女子会は数年前からありますが、男性のみの飲みも実はあります。

意図して男性のみにしているのです。

変な意味じゃなくて、そのほうが気楽という人たちの集まりです。

あなたがもし、同性のほうが気楽という場合は、同性の友達と信頼関係を深めましょう。

友達が相談にきたときは、心を大きくもってのってあげましょう。

そして、あなたも友達に相談してみましょう。

この繰り返しが信頼関係を強くし、親友へと昇華させてくれるのです。

異性でも友達関係はあり得るという方は、異性に相談してみましょう。

きっと思いもよらないアドバイスを得られるでしょう。

どうしても考え方が女性と男性とでは違います。

その抜け落ちた視点を、異性が埋めてくれるでしょう。

友達の幸せを願い、自分も幸せになる。

そんな友達関係があってもいいと思います。

友達は、思い出を作るカギにもなります。

人生は思い出でできていると私は思っています。

その思い出に登場する友達であれば、あなたにとって一生の宝物ともいえます。

寿命を全うするときに感謝の念がより深く出ると思います。

そんな関係を築けたら最高ですよね。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/10/01