ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ぐっすり寝る方法、ぐっすり眠る方法 誰もが快眠の訳


ぐっすり寝る方法 朝日を浴びる

・夜型で夜にぐっすり寝る方法がわからないんです。

・緊張しているときのぐっすり寝る方法がわからないんです。

という方がいらっしゃると思います。

夜型の人について、ぐっすり寝る方法をまず記載したいと思います。

それは、
朝日を浴びる
です。

人は朝日を浴びると14~16時間後に眠くなる物質が出てきます。

ちょっと専門的に書きますと、メラトニンが分泌されるようになります。

メラトニンとは、眠るのに好都合の物質で、朝日を浴びると、分泌を止めます。

そして14~16時間後にはしっかり分泌する状況になります。

自然と眠たくなる時間はそこからです。

ですので人のつくりとして、「朝日を浴びる」方法は、夜に眠くなる自然な方法なのです。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法 ストレッチをする

・緊張しているときのぐっすり寝る方法がわからないんです。

という方には第1章を参考にしてリラックスするのがお勧めです。

ストレッチやヨガを取り入れてリラックスしてみましょう。

ストレッチは効果的で、その日に凝り固まった筋肉をほぐして、血流を良くしてくれます。

それによって、ぐっすり寝ることができます。

ぐっすり寝る方法 凝りをほぐす

ストレッチやヨガ以外に、血行を良くして、凝り固まった筋肉をほぐす手もあります。

マッサージ機やめぐリズムを使うのです。

オムロンのマッサージ機が3000円ぐらいで売っています。

実は快眠に物凄く効果を発揮します。

一定時間で止まるようにできているのですが、マッサージ機で凝りをほぐしている間に眠ってしまうことも多いです。

実際に私も持っています。

マッサージ機は何度でも使えるのが特徴です。

そして温熱効果があるのも魅力です。

3段階機能になっていて、

1.静止モード

2.ローラーで凝りをほぐすモード

3.温熱とローラーで凝りをほぐすモード

となっています。

よく、整骨院や整体で温熱シートをかぶせてもらうことがありますよね。

その温熱効果がマッサージ機についています。

この温熱効果もマッサージの終了とともに止まるようにできているため、就寝時に使用しても安心です。

さらに楽に眠りを良くするためには、めぐリズムを使うと良いでしょう。

凝っているところに貼るだけで、凝っている箇所を温めてくれて血行を良くしてくれます。

これも就寝時に使いやすく、寝起きも凝りが取れていてお勧めです。

マッサージ機が3000円ぐらいなのに対し、めぐリズムは16枚入りで1000~1200円ぐらいします。

両方とも試して損はない価格帯であるので、試してみて、快眠できるかどうか試してみましょう。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法 目の疲れを取る

日中にデスクワークで目を使いすぎて、眼精疲労が気になってぐっすり寝つくことができない方もいると思います。

そして、寝付けたとしても、朝になって回復していない方もいると思います。

そういう方は、目の周辺を温めると効果があります。

具体的には、アイマスク(めぐリズムやあずきのチカラ)を使います。

このめぐリズムやあずきのチカラもとても効果的で、横になって使うと、温度が下がる前にぐっすり寝てしまいます。

このぐっすり寝る方法を実践すると、寝起きに信じられないぐらいスッキリしているのが特徴です。

めぐリズムは使い切りなのに対し、あずきのチカラは電子レンジで温めると、繰り返し使えます。

私は、めぐリズムとあずきのチカラも両方所持しています。

私の場合、快眠のために使うなら、めぐリズムのほうが効果的でした。

人によって合う合わないがあると思います。

1000円もあれば試せるので、試してみるのもいいと思います。

補足ですが、快眠のためにめぐリズムを使用する場合は、無香料タイプをお勧めします。

なぜかといいますと、無香料タイプの方が、他のタイプのものよりも高温になり、目の疲れが取れやすく、眠りにつくには適しているからです。

色々な香りがあるので試してみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法 リラックスをする

アロマの香りを嗅いだり、リラクゼーション音楽(ヒーリング系の音楽)を聴いたりしてリラックスしてぐっすり寝る方法もいいでしょう。

半身浴や入浴をして血流を良くするのも、眠りの質を良くする一つの手段です。

その際は、お湯の温度を熱すぎないように調整してください。

浸かるお湯の温度は、38度~40度が良いとされています。

20~30分程度浸かるのにあった適温を、38度~40度の間で見つけてください。

普段試しながら自分用のぐっすり寝る方法を持つようにしておきましょう。

いざ、明日、重要なプレゼンがあってなかなか寝付けないとかいった場合に、ぐっすり寝る方法は役に立ちます。

仕事をしていると、何かイベントがあり、それが原因で眠れない時が、幾度となく襲ってきます。

そういうときに、事前に準備しておいた「自分だけのぐっすり寝る方法」の登場です。

まずは第1章から探してチャレンジしてみましょう。

そうして、ぐっすり寝る方法を自分で作ってみましょう。

ぐっすり寝る方法 運動する

仮に、床に就く2時間以上前に時間があるのなら、30分ほどスロージョギングやジョギングするのもぐっすり寝る方法の一つです。

もちろん、スロージョギングやジョギングでなくても、30分ほど散歩するでも効果はあります。

適度に身体を疲れさせることもぐっすり寝る方法の一つです。

運動によるぐっすり寝る方法も、手札に加えてみて下さい。

日々の快眠に役立つでしょう。

医師も、運動により睡眠の質を良くなると勧めています。

逆に、床につく直前の激しい運動は、交感神経を活発になり、寝付けなくなるので避けて下さい。

ぐっすり寝る方法 医師や専門家を頼る

どうしても、自分に合ったぐっすり寝る方法が見つからない時は、医師や専門家に相談してみるのもいいでしょう。

仮に睡眠薬を処方されたとしても、使わないで眠れないよりも、使って気持ちよく眠れる選択したほうがいいのです。

症状に合わせて、薬を処方してくれると思います。

あらゆる工夫をしても眠れない場合は、薬を使ってでも、しっかり眠る選択するのが健康とストレス発散の基本なのです。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法 工夫をする

ストレス発散で一番の基本はしっかり眠ることです。

もし、快眠ができない場合は、色々と試してみましょう。

それほど、快眠は重要なのです。

しっかり眠ることができない原因が、もしストレスの原因を解消していないためであった場合、問題に向き合い、解決を目指しましょう。

まずはストレスを発散して気持ちよく眠れるかを試してみましょう。

それでもだめなら、ストレスを解消してみて気持ちよく眠れるかを試してみましょう。

室温が原因でぐっすり寝ることができなかった場合は、室温を調整してみましょう。

エアコンのタイマーを使えばできます。

近隣の騒音が原因でぐっすり寝ることができなかった場合は、賃貸の場合は管理人に相談してみましょう。

同居人の騒音が原因でぐっすり寝ることができなかった場合、事情を説明して、協力してもらいましょう。

明るさが原因でぐっすり寝ることができなかった場合、暗くして自分に合う明るさになるよう工夫してみましょう。

そもそも夜型で夜にぐっすり寝ることができない場合、朝日を浴びるために散歩してみて、夜に眠れるかを試してみましょう。

衣服が原因でぐっすり寝ることができない場合は、衣服を調整してみましょう。

寝間着のサイズが合わなかったり、人によっては、裸で寝た方がぐっすり眠れるという方もいます。

衣服の締め付けが好きでない方も多く、ぐっすり寝るために裸で寝ている人もいるのは事実です。

健康法でもあるので、裸で寝る方法を試してみたい方は、試してみてもいいかもしれません。

カーテンが原因でぐっすり寝ることができなかった場合、カーテンを変えて、ぐっすり眠れるか試してみましょう。

枕が原因でぐっすり寝ることができなかった場合、低反発の枕やそば殻の枕など、色々調整してぐっすり眠れるかを試してみましょう。

寝具が原因でぐっすり寝ることができなかった場合、別の寝具に変えて試してみましょう。

いくつか当てはまるものがあると思いますが、しっかり取り組むとぐっすり寝ることができるようになります。

ぐっすり寝る方法 眠くなってから布団に入る

ぐっすり寝る方法で大事なのは、眠くなってから布団に入ることです。

とはいうものの、「眠くならないから困ってるんですけど・・・」

という方もいらっしゃると思います。

その方は、朝日を浴びる方法を実践してみて下さい。

朝日を浴びると、メラトニンの分泌が止まり、14~16時間後にメラトニンの分泌が再開します。

これが身体から出す気持ちよく眠りにつけるサインです。

夜型などで体内時計が狂ってしまっている方は、ぜひ実行してみてください。

スポンサーリンク

ぐっすり寝る方法 してはいけないこと

ぐっすり寝るためにしてはいけないことがあります。

それは、就寝前にパソコン、スマホ等の電子機器を使うことです。

これは眠りにつけなくなるばかりか、眠りにつけたとしても睡眠の質を悪くします。

パソコン、スマホ等の電子機器をすると、頭がおやすみモードにならなくなるのです。

そのためパソコンやスマホ等の電子機器の使用は、就寝する2時間前までに終わらせておきましょう。

ぐっすり寝る方法 就寝前の飲酒(お勧めしません)

ぐっすり寝るために飲酒する人もいますが、睡眠の質を悪くします。

ただ、お酒の力を借りないと眠れない人もいるのは事実です。

飲酒もほどほどで抑えた方がいいでしょう。

ぐっすり寝る方法 カフェインを控える

カフェインは覚醒作用があります。そのため、午後からの緑茶やコーヒーは避けた方が無難でしょう。

会社で緑茶1リットルを買っていたり、コーヒー缶が机の上にいくつも置いてある人を見かけたことはありませんか?

集中力を上げる効果と眠気対策になるため、カフェインを意図的に摂っている人もいます。

しかし、利尿作用もあるため、カフェインの摂取は避けたほうが夜にぐっすりと眠れるでしょう。

どうしても、仕事の効率を上げるためにカフェインが必要という人は、午前中のみにしておきましょう。

色々と紹介しましたが、ご自身にあったぐっすり寝る方法が見つかるといいですね!

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2017/01/22