ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

無意識のストレスを解消する方法 謎は無意識にあった!


スポンサーリンク

無意識のストレス

人によっては無意識のうちにメンタル面を悪くしてしまう人がいます。

ネガティブ思考といいますが、不幸な考え方をする人です。

ネガティブ思考や不幸な考え方を無意識にしてしまう人は、ストレスを非常にためやすい特徴があります。

その反面、リスク管理に強いという強みもあります。

この無意識なネガティブ思考、不幸な考え方をする人は、意識的に自分改革をしてみましょう。

「人は変えられませんが、自分は変えられます。」

ここで、私が提唱する思考方法が、「幸せ思考」です。

スポンサーリンク

無意識のストレスを解消 意識的に思考方法を変えてみる

無意識のうちに、怒りやイライラを溜め込んでいる自分に気づいた方は、「幸せ思考」を試してみましょう。

「幸せ思考」とは、幸せなことを考える思考法です。

こんなことがあれば幸せだな~。彼女を最高に幸せにしよう。彼を最高に幸せにしよう。

なんでもいいんです。

意識的に幸せを感じることを考えましょう。

軽いうちはこの意識的に幸せ思考に変えることで、ずいぶんと楽になります。

ただ、どうしても、無意識にネガティブ思考や不幸な考え方が身についている人は、意識的に幸せ思考に移る前に、怒りやイライラで心の中がいっぱいになっていることでしょう。

そういうときは、休息やリラックス、運動をしていったんスッキリするのも手です。

また、いつも笑顔の人と話すのも手です。

自分を変えようと思う人は、自分を変えられます。

時間はかかりますが、自分だけは自分の意志で変えられるのです。

ぜひとも意識的に幸せ思考を身に付けてみてみませんか?

幸せ思考がうまくいくと、自然と笑顔になり、心がスッキリします。

幸せ思考ができる人は、あまり多くはありません。

幸せ思考ができる人を見つけたら、ぜひ、真似してみてください。

どうしても、無意識のうちにストレスを溜め込む人は、医師に診てもらうのも手です。

薬を処方してくれるかもしれません。

薬でリラックスしたのちに、幸せ思考を試してみてください。

以前と違う自分に会えるはずです。

スポンサーリンク

無意識のストレスを解消 認知行動療法

何かきっかけがあって、無意識にネガティブな思考や不幸な考え方をする人もいるでしょう。

そういう方には、認知行動療法というものもあります。

認知行動療法は別のページで紹介します。

認知行動療法をマスターする

認知行動療法ができるようになると、無意識に自分の考えるクセを変えることができるようになります。

雨が降ったとか、上司に怒られたとか何かきっかけがあったときにだけネガティブな考え方をする人はチャレンジしてみるのもいいでしょう。

この分野の専門家もいます。専門家に頼ってみて、いち早く見に付けるのもおすすめです。

専門家はあなたを助けるために、日夜自分のスキルを磨いています。

スポンサーリンク

無意識のストレスを解消 ストレスに効く思考方法

ふと我に返るときがあります。そのとき、あなたはどんな気持ちでいますか?

普段、何気ないときを考えてみましょう。

イライラしていますか?怒りに満ちていますか?

無意識からふと我に返るときが勝負です。

我に返ったら、チャレンジしてみましょう。

人はそうして、チャレンジしながら変わっていけます。

過去の自分を思い出してみてください。

自分が変わったときって何かに意識的にチャレンジしていませんでしたか?

モテる様になりたい。会話がうまくなりたい。なんでもいいんです。

あなたが変わったとき、変わるのに成功したときのことです。

トライ&エラーだったと思います。

ぜひ、幸せにもトライしてみてください。

そして、失敗しながらでも見に付けてください。

生きる目的は人によって違いますが、「幸せを感じるため」に生きる人は多いものです。

生きる目的に沿った考え方であれば、ぜひ取り入れてくださいね。

すぐには効果がでないかもしれませんが、徐々にあなたを幸せな気持ちにさせてくれます。

無意識のストレスを解消 ネガティブ思考をやめられない人へ

どうしても無意識でネガティブ思考をしてしまう方もいるかと思います。

習慣の力は恐ろしいものです。

ある種の麻薬のようです。

物事は21日間続けると習慣化できるといわれています。

研究結果で出ているようです。

そのため、今月は幸せ思考月間とか決めて行動してみるのもいいでしょう。

依存している期間が長いと抜け出すのも大変かもしれません。

麻薬やアルコール、タバコのように常習性があるのも思考です。

ぜひ、無意識のネガティブ思考から脱却してくださいね。

もちろん、ネガティブ思考が好きな人はそのままでいいです。

ですけど、そのネガティブ思考が自分を不幸にさせていると感じている方は何度失敗してもいいのでトライしてみましょう。

不幸せの原因を自分で作らないことはとても大切で、幸せの原因を自分で作ることもとても大切です。

不幸せの原因が自分にあるかもと思ったら、自分を見直してみましょう。

幸せに見える友人を見てみて、自分と比べてみるのもいいかもしれません。

人との比較で幸せは測れるものではないですが、参考にはなります。

人の良い面がうらやましいと思ったら、ぜひ取り入れるよう行動してみてくださいね。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/09/24