ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

格安SIMでも速度は十分!激安月300円! 


スポンサーリンク

健康のために節約できる固定費用

今回の記事はちょっと別の角度から記載したいと思います。

運動したいけど、ジムって高いでしょ?という費用を抑えたい方向けに記載しています。

財団法人などで運営するスポーツセンターはあるものの、民間のジムに比べて十分な件数がありません。

財団法人などで運営するスポーツセンターに通えるのでしたら、1回300円とかで通えるので費用が安く済みます。

ですけど、

「うちの近くにそんな安いスポーツセンターはないんです」

という方がほとんどでしょう。

サラリーマンをしていると、通えても週末になります。

仮に週に1回行くとして、月に4回、それで8000円以上かかるとなると。。。。

費用もバカにならなく、おいそれと契約できないですよね。

そこで固定費用の節約です。

スポンサーリンク

格安SIMで固定費用を8000円~1万円を300円に節約する

8000円~1万円分、何か固定費用を削れないものでしょうか。

あるんです。節約できる方法が。

そうです。それがタイトルに上げた格安SIMによる月額使用料の節約です。

そんなに使わなくても、8000円~1万円ぐらいの料金を払っていませんか?

「いや、私、使ってるから!」という人も、実際に使っているひと月のデータ通信量を確認してみましょう。

(各携帯会社で確認する方法がありますので、お使いのキャリアで確認方法を検索してみてください。)

意外に使っていないものです。

ものすごく使っていて通信制限がかかり速度制限を受けるぐらいの人は、WI-FIを使用する方法を検討しましょう。

なぜWI-FIを使用する方法を検討するのかといいますと、WI-FIはスマホの初期機能についている機能で、速度が速く、しかもデータ通信費用がかかりません。

どういうことかといいますと、家にインターネット環境があってWI-FIを使用する方法で通信した場合、速度も速く、費用がかからないのです(もちろん、インターネットの定額費用はかかります)

「家にいるときはWI-FIを使う!」

これだけ守っていれば、3Gや4Gのデータ通信量は相当節約できます。そして速度も速いです。ただ、データ通信量を節約しても、月額使用料があまり安くならないのが大手キャリアなのです。

そこで格安SIMを使用する方法を検討しましょう。

格安SIMで毎月の固定費用は300円ぐらいになる

格安SIMでどのくらい格安になるかといいますと、あくまで私の例ですが、

月額使用料8000円~1万円だったものが、格安SIMなら月額使用料300円ぐらいになります。

これだけ浮けば、健康に投資できますよね。

証拠写真を上げておきます。

格安SIMの7月請求料金

格安SIMのデメリット 格安SIMにもデメリットがあります。

それは、大手キャリアのメールアドレスは使えなくなるというデメリットです。

じゃあ、メールはどうするの?というと、gmailやhotmailを使います。

3大キャリアのメールアドレスじゃないデメリットは嫌だという方は別ですが、

浮いたお金を健康に投資できれば見返りは大きいと私は思っています。

おそらくこの先、通信料はもっと下がると思います。内訳をみると、何に通信費用がかかっていたかがわかるからです。

ただ、約300円から安くなったとしても大したことはないので、あまり目くじら立てて、通信費用の安値を追うつもりもありません。

まずジムは高いと思っているみなさんは、格安SIMを使用して月額使用料を見直す方法を試してみてはいかがでしょうか?

格安SIMで大きく節約でき、しかも速度を落とさないこともできますよ。

※未確認情報ですが、現在docomoのメールアドレスなら、料金を払えば使えるかもしれません。友人が使っています。もしdocomoのメールアドレスが使えるのなら、この3大大手キャリアのメールアドレスが使えないデメリットは解決したとみていいでしょう。

格安SIM 通信速度(遅いのか?)

格安SIMの通信速度が遅いか気にされる方がいると思います。

速度は普通に4G回線、WI-FI回線を使いますので、遅いことはなく大手と変わりません。

私が使用している格安SIMは動画の再生で遅いためにコマ送りになるなど不自由が起きたことがありません。

安定しています。

youtubeを見るときも安定しています。

遅いため、youtubeを見れないということもありません。

youtubeが安定して見れる通信速度なら問題ないのではないでしょうか?

ゲームはしないのでゲームの速度が遅いかはわかりません。

この格安スマホを買う前はiPhoneを使用していました。

そのころのiPhoneよりは安定して速度はiPhoneのほうが遅いぐらいでした。

iPhoneが古くて3G対応だったのもあったからです。

古いiPhoneのままだと遅いという問題も出ていたと思います。

追記:

格安SIMを使用して、その後どうなっているのかを記載したいと思います。

前回の記載からひと月以上たっています。

格安SIMの8月請求料金

ついに250円を切りました。料金の面でも安定しています。もうこれ以上は誤差の範囲内ですよね。

格安SIMへを検討してみるのは、固定費用の節約につながるのでいいと思います。

雑記:格安SIMを使用すると、ポケモンGOとかは厳しくなると思います(遅いためではありません)。でも、できないわけではありません。

ポケットWI-FIとかをお持ちの方はできます。

iPhoneとかお持ちの方で大手キャリアに契約をされていて、データ定額プランを選んでいる方が案外知らないことですが、「私、こんなにデータ通信してたんだ。かなり得してる!」と明細を見て思っている人がほとんどでしょう。

でも、実はそういうように見えるように明細ができています。

どうして?って思うかもしれません。

実は、「ネットでホームページ3,4ページ見れば、データ通信料の上限に達してしまうのです。」

あまり使わないライトユーザなら、あれ?って気づくかもしれませんが、月に3、4ページしかホームページを見ない人は珍しく、気づきにくいようになっています。

そのため、データ定額プランははじめっから上限を払うようにできているのです。

これでは、月額使用料は下がらないですよね。。。

そして、電話もそんなに使わないですよね。

明細を紐解くとそのようになっています。

格安SIMをより安く300円ぐらいで利用する方法

ここでは、格安SIMをより安く利用する方法をご紹介いたします。

格安SIMには3つのプランが存在します。

1.データ通信のみ
2.データ通信+SMS
3.データ通信+電話サービス

より格安SIMの恩恵を受けるには、2番のプランを選択しましょう。

2番を選択すると、「電話できないんじゃ使えない」と思われる方もいるでしょう。

そうじゃないんです。

実は電話も使えるんです。

この2番を選ぶことが、格安スマホ1台持ちで月額300円に抑える秘訣なのです。

ほとんどの人は格安スマホを持っても、3番のプランを選ぶと思います。

ここではあえて2番のプランを選びましょう。

電話は後付けで付けれます。

私も使用していますが、050で始まる番号が取得できます。

これがとにかく安いんです。

格安SIMの通信料金の画像を貼りましたが、実はこれ以外に通話料金もかかっています。

ただし、数十円です。

仕事関係で電話を使っても、数十円で済んでしまうんですね。

通話料金をプラスしても、300円以内に収まります。

ぜひ、格安SIMのメリットを享受してくださいね。

そして、格安SIMで浮いたお金を、休息、リラックス、運動などに使ってみてください。

再追記;早いものですね。記事を書いてから3か月が経ちました。

さて、3か月後の月額通信費用はいくらになっていたでしょうか?

それがこちらです。

格安SIMの9月請求料金

ついに300円を超えました。といっても、1円ですが。

このぐらいで月額費用が安定することがわかっていただけたと思います。

そして、決して切り詰めていないこともわかっていただけたと思います。

今月の月額費用は300円超えましたから。

格安SIMもいろいろと出てきていますね。

ぜひ、費用対効果を考えて格安SIMを検討してみてください。

格安SIM3か月分の費用 検証結果 300円以下

契約する通信業者によっては月額費用が3か月平均で300円ぐらいで収まることが分かっていただけたと思います。

どんどんいろんな種類の格安SIMが出てきています。

ご自分のライフスタイルに合ったデータ通信プランや通信事業者を選んでくださいね。

今までは選択の余地がほとんどなかったのが、今はたくさんありますし、さらに増えてきています。

LINEも参入しましたよね。

LINEのプランの場合は、通信データ通信量は加算されないようです。それで月額費用500円。

LINEは人気アプリですから、使っている人も多くいると思います。

私は絶対に月額費用を300円に抑えるんだ!とこだわりのない人は、LINEのプランでもいいのではないでしょうか?

割と若い人には向くプランだと思います。

格安SIMの通信業者といっても、大手から間借りしている通信回線ですので、安定しています。

実際に、私も使っていますが、データ通信は安定しています。

LINE

あまり深く考えずに、とりあえず安くすめばいいと思っている方は、LINEがおすすめです。

それにLINE通話でデータ通信量はカウントされないいうメリットは外せません。

会社員だけでなく、学生さんでしたら、かなりお財布が助かるのではないかと思います。

LINEは今や世界中で使われています。LINEの格安SIMプランでおすすめなのが、やはり、データ通信+SMSです。

少し値段があがりますが、SMSが使えると後々便利です。

それで620円です。

価格破壊が始まってきましたね。

格安SIMはドコモ(docomo)などの通信設備を間借りする

格安SIMだと通信の品質に不安を覚える方もいるかもしれません。

しかし、心配はいりません。

格安SIMはドコモ(docomo)などの回線を使っています。

そのため、通信の品質は悪くありません。

問題なく使用できます。

追記:最近、大手が大容量プランを発表してきましたね。

それを見て、安い!と思った方、高い!と思った方、いろいろでしょう。

私は300円ぐらいでスマホを使用しているので、正直、ものすごく高いと思いました。

両手持ちでも格安スマホと格安SIMのセットを試してみるといいと思います。

速度面のデメリットも全然感じないと思いますし、iPhoneから変更する方は使い慣れするまで違和感を感じるぐらいだと思います。

これはどの機器でも一緒だと思います。

もう少し待てば、国の指導で、格安スマホはもっと安くなるかもしれません。

回線使用料を安くする取り組みをしていますから。

とはいうものの300円が200円に変わっても、そう大差はありません。

速度面にデメリットを感じている方、メールの面でデメリットを感じている方、ほかの面でデメリットを感じている方もいると思います。

一度試してみてはいかがでしょうか?

百聞は一見に如かずです。

追記3
9月もデータ通信量をそんなに使わずに終わりました。料金の確定は月初めから10日後ぐらいに確定しますが、おそらく250円~300円ぐらいかと思います。

速度も十分でしたし、何もデメリットに感じることはありませんでした。

また請求が決まりましたら、証拠写真をアップしたいと思います。

上手く節約して、健康に投資して幸せを手に入れてくださいね。

毎月スマホに1万円はさすがにもったいないですから。

追記4:10月の月額通信費用はどうなったでしょう。写真を添付します。

結構使っていたみたいです。300円では収まりませんでしたが、安定しているとみてよいと思っています。

格安SIMの10月請求料金” width=

 

11月の請求料金が確定しました。

ついに格安SIM使用後、初めて月100円台に突入しました。

これは安くていいですね。

格安SIMの11月請求料金

ぜひ、皆さんもチャレンジして浮いたお金を健康に投資してくださいね。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/23