ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

メンタル面の症状


スポンサーリンク

メンタル面の症状

「ストレス症状」は、身体的にではなく、メンタル面の病気も引き起こすことがあります。

ざっとメンタル面の病気を見ていくことにします。

  1. うつ病(鬱病)
  2. 統合失調症
  3. アルコール依存症
  4. パニック障害
  5. 適応障害
  6. 睡眠障害

といったのが代表的な例です。

それぞれの概要をみていきましょう・

うつ病(鬱病)

うつ病は以下の症状が重いときの病名です。

・憂鬱な状態

・気分の落ち込みがちな状態

・意欲の喪心している状態

・関心の喪心している状態

特に近年、メンタル面の病気では、うつ病(鬱病)が話題になっています。

当ホームページでもうつ病を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。
うつ(鬱) うつ症状(鬱症状)

統合失調症

統合失調症は幻視や幻聴がある病気です。

当ホームページでも統合失調症を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。
6.13 統合失調症

アルコール依存症

アルコール依存症は名前の通り、アルコールがないと禁断症状が出てしまう依存症です。

当ホームページでもアルコール依存症を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。

アルコール依存症

パニック障害

パニック障害は、ストレスにより、動悸や息切れ、めまいなどを起こす障害です。

当ホームページでもパニック障害を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。

パニック障害

適応障害

適応障害とは。「ストレス(不安やイライラ)により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく低下させている状態」と定義されています。

当ホームページでも適応障害を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。

適応障害

睡眠障害

睡眠障害は以下の4つに大別される障害です。
1.不眠症
2.過眠症
3.概日リズム睡眠障害
4.睡眠関連呼吸障害

当ホームページでも睡眠障害を取り上げました。

詳細はこちらのページをご参照ください。

睡眠障害

これらの病気も、ストレス発散法や解決法を学べば、発症する可能性が低くなると考えます。

いずれかの病気に当てはまっている方もいるかもしれませんが、今からでも遅くはありません。

メンタル面をしっかり管理し、対策をしましょう。

そうすることで、症状が随分と楽になると思います。

スポンサーリンク

病気を予防するため、もしくは病気から回復するために、メンタル面で心のエネルギーが欲しい人は、メニューの「ストレス発散」のリラックスや休息が適しています。

病気の症状が強くて心のエネルギーがないときは、とても運動できないからです。

まずはリラックスによる発散法で、メンタル面のエネルギーを補給しましょう。

そして、病気の症状が楽になるようにストレスの発散しましょう。

しばらくは、メンタル面のエネルギー補給に精を出してもいいと思います。

ストレス解消(問題解決)にいくのは、病気の症状が楽になりメンタル面のエネルギーが充電できてからでも病気と向き合うのは遅くはないでしょう。

メンタル面の病気は、時間との闘いではありません。ゆっくりとご自分のペースで回復していくのがベストです。

なぜなら、焦ると「病気の再発」という最悪の結果になってしますからです。

焦らず、自分のペースで、メンタル面のエネルギーを充電しながら、病気の症状の状態をみて、ストレス発散や解消の習慣化に取り組んでみてください。

スポンサーリンク

病気の予防のために、もしくは病気の状態から回復するために、メンタルが弱い人、メンタルが強くなりたい人はメンタルを鍛える必要があります。

メンタルを鍛えるといっても、セルフケアができて、病気の管理ができるようになればいいだけの話です。

メンタル面を支え合うメル友がいてもいいかもしれません。

あなたはずっと、メンタルが弱い人、メンタルが強くなりたいと願う人のままで終わりますか?

メル友が役に立ってくれるかもしれません。

そして何より多くの専門家があなたを応援してくれますよ。

※このホームページでメンタルと記載した場合、「精神」を意味します。
メンタル面=精神面という意味です。

多くの方が、

・うつ病(鬱病)
・統合失調症
・アルコール依存症
・パニック障害
・適応障害
・睡眠障害

で苦労されています。

メンタルナビを参照すると、うつ病は10~15人に1人は経験するようです。

メンタルナビ うつ病

統合失調症は100人に1人の割合で発症します。

アルコール依存症は、100人に2人の割合でなります。

パニック障害は、100人に1~3人の割合でなります。

適応障害は、100人に1人の割合で発症します。

睡眠障害は、10人に4人とも言われています。

こうしてみると、決して珍しくない症状なんです。

1人1つだけ罹る可能性があるとしたら、100人中45人~47人は症状に苦労しているのです。

そんな現実を踏まえ、対策してみませんか?

ストレスの扱い方がわからない方は当ホームページをご参照ください。

きっと役に立つ方法が見つかるはずです。

あなたの手札の1つにでもしていただけたら幸いです。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/11/26