ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

心身症の症状、治療、薬 まさか自分も!? 


スポンサーリンク

心身症

セルフケアが上手くできないと、身体、精神の面に悪い症状が出てきます。

そう、セルフケア不足が原因になり病気になってしまう場合があります。

症状の出方は人それぞれで、まさに個人差といっていいです。

ストレスが原因で起こる身体的症状のことを、心身症といいます。

ここでは、心身症に注目してみます。

心身症の種類

心身症は大きく以下の3つに分けることができます。

・目に見える種類の心身症

・目に見えない種類の心身症

・その他

目に見える種類の心身症を器質的障害、目に見えない種類の心身症のことを、機能的障害といいます。

器質的障害の代表例は以下の通りです。

  1. 胃潰瘍
  2. 十二指腸潰瘍
  3. 高血圧
  4. 狭心症

機能的障害の代表例は以下の通りです。

  1. 過敏性腸症候群
  2. 緊張型頭痛
  3. 拒食症
  4. 過食症

その他

  1. 目の疲れ
  2. メニエール症候群
  3. 過呼吸症候群
  4. 吐き気
  5. 胃痛
  6. 下痢
  7. 蕁麻疹

スポンサーリンク


心身症の症状は豊富にあります。

この章では、器質的障害、機能的障害について、ほとんど取り上げております。

目の疲れはデスクワーク者が陥る最たるものですので、別章に対策を記載しました。

心身症の原因

心身症はストレスが原因で起こる場合があります。発散と解消を上手くコントロールできれば上記のような症状が出る可能性がぐんと下がるということです。

そして、仮に心身症の症状がでてしまった場合でも、セルフケアをする力をつけるのは遅くなく、症状を軽減することができます。

心身症の症状が出るということは、自分自身が悲鳴を上げているということですので、対策したほうがいいのは明白です。

悲鳴を上げている自分自身の原因を除去し、早く救い出してあげてください。

スポンサーリンク

心身症 症状は回復するのか?

ここで、あなたに質問します。

あなたは5年前に、心身症を患っていましたか?患っていた場合、どの種類に分けられましたか?その症状を軽減しようと取り組みましたか?

あなたは4年前に、心身症を患っていましたか?患っていた場合、どの種類に分けられましたか?その症状を軽減しようと取り組みましたか?

あなたは3年前に、心身症を患っていましたか?患っていた場合、どの種類に分けられましたか?その症状を軽減しようと取り組みましたか?

あなたは2年前に、心身症を患っていましたか?患っていた場合、どの種類に分けられましたか?その症状を軽減しようと取り組みましたか?

あなたは1年前に、心身症を患っていましたか?患っていた場合、どの種類に分けられましたか?その症状を軽減しようと取り組みましたか?

あなたは現在、心身症を患っていますか?患っていた場合、どの種類に分けられますか?その症状を軽減しようと取り組んでいますか?

未来は過去と現在の延長戦上にあります。

あなたの5年後は明るいですか?

もし変わらず心身症で苦労しそうであれば、発散と解消の手札を持つようにしましょう。

スポンサーリンク

心身症の症状 原因不明の蕁麻疹等

原因不明の蕁麻疹に悩まされている人も多くいると思います。

ストレスの影響が蕁麻疹として出てきている可能性(心身症の可能性)があります。

そうなんです。身体の悲鳴の挙げ方は人それぞれで、症状が違うんです。

人によっては、吐き気という形で身体が悲鳴を挙げます。

多くの人が、様々な心身症で悩んでいます。

症状が違うのは性格や遺伝子が関係しているかもしれませんし、個性でもあります。

ただ、心身症の場合は、放置しておかずに治療や処方薬での対策を取りましょう。

スポンサーリンク

心身症の治療

心身症であることがわかるまで、その症状により受診する科が違います。自分の症状にあった診療科を受診しましょう。

治療や薬が必要かもしれません。

そこで何も原因が見当たらなかった場合、心療内科を勧められることがあります。

心療内科で治療や薬で治してもらえるのなら、臆せず行ってみましょう。

心療内科で、ストレスが原因と診断された場合、このホームページに上げた様々な種類の発散法や解消法を駆使して自分を労わってみましょう。

もちろん、オリジナルでも構いません。

治療や薬には及ばなくても、体調が良くなるのであれば、それはあなたの大切な手札になるのです。

私の知り合いに、心身症の治療を受けている人がいます。薬による治療です。

しかし、薬を飲み続けることが苦手で治療がうまくいっていないようです。

医師から薬を処方されたら、勝手に断薬したりせず、しっかり薬を飲むようにしてください。

薬漬けの恐怖もあるかもしれませんが、治療しないと、それはそれであなたにとっても困るはずです。

医師は専門家ですので、医師の治療や処方してくれる薬を信じましょう。

心身症の種類と当ホームページの対応

心身症のうち、いくつか当ホームページでも紹介しておりますのでご紹介します。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は自分の経験と親の経験をもとに、当時、子供ながらに思ったことを記載しています。

薬での治療がメインになります。

高血圧

高血圧は職場仲間で多くの方が悩んでいるので、その人たちの取り組みなどを書いています。

薬での治療がメインになります。

薬での治療と共に生活習慣の見直しが必要になります。

適度に身体を動かすことを勧められます。

狭心症

薬での治療がメインになります。

驚愕!過敏性腸症候群(IBS) 「ストレス症状」

薬での治療がメインになります。

ガスコンという薬があります。

その薬が合う合わないはありますが、合う方はその薬を飲みます。

薬以外にも、極度の緊張状態に陥らない工夫が必要になります。

緊張型頭痛・頭痛・片頭痛

緊張型頭痛・頭痛・片頭痛は私もリラックスするように心がけないとなるときがあります。

そのため、辛さがわかって書いています。

薬での治療がメインになります。

頭痛薬を飲んで仕事をしている人は意外に多いものです。

拒食症・過食症

拒食症・過食症は親族にもいます。そのため、つらい症状だというのを知って書いています。

薬での治療がメインになります。

メニエール病の原因、症状、完治 専門医のアドバイス

メニエール病の原因、症状、完治 専門医のアドバイスはメニエール病ではなかったのですが、極度の回転性めまいを経験したことがあります。

そのためつらい病気であることは十分承知して書いています。

薬での治療がメインになります。

薬以外には、適度な運動を勧められます。

この適度な運動が重要で、これをしないで家にこもっていると悪化します。

過呼吸症候群

過呼吸症候群は先輩で過呼吸症候群の方がいます。まさに身近な病気です。

薬での治療がメインになります。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2017/01/22