ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

セルフケア理論、能力、不足、重要性について みんなやってる自己治癒法!


スポンサーリンク

セルフケア理論

セルフケアとは、自分で自分を労わるすることを言います。

理論的に書くと、休息とリラックスと運動によりストレスを発散し、理論的にストレスを解消することをこのホームページではいいます。

もっと専門的に書くと、ドロセア・オレムの看護一般理論というのがあり、以下の3つで構成されています。
1.セルフケア理論
2.セルフケア不足理論
3.看護システム理論

難しいことを書くと、ドロセア・オレムという方がセルフケアを「個人が生命、健康、安寧を維持する上で自分自身で開始し、遂行する諸活動の実践である」定義しています。

要するに、自分で自分を守ることをすることをセルフケアと呼び、それができなくなったときのことをセルフケア不足と呼び、セルフケア不足になると看護が必要になる(看護システム理論)。といった感じです。

ここでは、かなり浅く記載しておきます。

専門職でない限り、ここまでの知識は必要ありません。

セルフケア能力の付け方

セルフケア能力は、性格柄、もともと備わっている人もいますし、意識して身につけた人がいます。

本ページでは、セルフケア能力を意識して身に付けるためのページです。

セルフケア不足によるデメリット

人は適宜、自身を労わる必要があります。

セルフケア不足になると、体調を崩したり、病気になってしまう恐れがあります。

そのため、セルフケア不足にならないように気を付ける必要があります。

そのため、この能力不足が気になる方は今からでもいいので自分を労わってください。

セルフケアのメリット

セルフケア能力が高まるとできるとどんなメリットがあるのかといいますと、自分でストレス発散・解消ができるというところにあります。

性格を変えることは難しいですが、自分でストレス発散・解消できるのは学べばできることです。

この能力って凄い重要性の高い能力なんです。

スポンサーリンク

セルフケア能力が必要な理由

社会の流れが目まぐるしく早くなってきています。

仕事や技術革新も昔のようにのんびりしていられなくなり、そのスピードは上がっていくばかりです。

そのスピードに仕事をしている人はプロとしてついていく重要性が問われます。

毎日の自己研磨が必要なのは今も昔も同じですが、その自己研磨のする量が昔と今では比較にならないほど変わっています。

そうした社会で生活していくうえで、自分を守るために必要なある種の自己防衛的なものでもあり、より仕事を効率的に行うための心身のリセットを行う手札が必要になります。

セルフケア不足は身体的、精神的な悪い症状の発症させてしまう危険性もあります。

うまくできない方のために専門家もいます。

自己防衛のためにも重要性は極めて高いといえます。

スポンサーリンク

セルフケア能力に関する教育の現状

現在の教育の現状を見ていくことにしましょう。

小さいときから学んできたのは、国語、算数(数学)、理科(化学、物理、生物)、社会(歴史、地理)という科目でした。

今の教育を否定するわけではありませんが、個人的には、必須と選択を上手く組み合わせて、小さいときから社会人になってから活きる専門性を身に着けられるようになって欲しいなと思っています。

よく、会社の目標を定める時に5年後○○になっていたい。

じゃあ、3年後までに△△が必要。

じゃあ、来年までに■■が必要。

とブレイクダウンしていきます。

会社経営では当たり前のようにやっています。

ところが、学生から社会人になる際の境目が大きすぎて、とても大人になってからを想定した教育になっていないのが現状です。

「学生は学生で終わり、社会人になってからは0からスタートね。」という教育に社会人になりたての頃は愕然としました。

社会人になって同じ思いをした人も多いと思います。

私は得意でしたが、微分積分って社会人になって使っていますか?

というように、あまりに社会人になって不要な知識が多すぎるのが現状です。

誰もが使う重要性の高い教育があまりに少ないんです。

知識が多いのには越したことないですが、ただ、無駄に使わない知識が多く、社会人になってから身に着けなければならない新しい知識も多いところにジレンマを感じていました。

かなり話はそれましたが、学生時代にいくら頑張って勉強しても、社会人になってからはさらに勉強が必要で、そうしている間に時間が過ぎ去ってしまいます。

もっと人生で重要性の高い教育を受けたかったと思っています。

スポンサーリンク

セルフケア能力の重要性

休む間もなく、7つの習慣でいう「刃を研ぐ」をやっている人もいると思いますが、続けることは難しいです。

セルフケア能力を身に付けると、は1週間、頑張る力を与えてくれる効果があります。

それほどこの能力の重要性を高く見積もって間違いありません。

もちろん、「好きなことが仕事さ」という人もいると思います。

そういう方たちも、常に能天気に生活しているとは限りません。

そのため、セルフケア能力の重要性は非常に高く、生きていく上で「学んだけどまったく使わなかった」ということがないものだと思います。

週の始めにストレス発散されていると、より楽に生活できるようになります。

そして何よりも、この能力で心の余裕ができると、身の回りの小さな幸せに目が届くようになります。

小さな幸せを、発見できることが多くなるのです。

それは頭の中にスペースができたからにほかなりません。

そう考えると、空いたスペースはかなり重要性の高い空間といえます。

幸せを感じさせてくれるのですから。

誰もが幸せに生きたいと思っています。

幸せに生きるためにも、セルフケア能力を高めてみませんか?

場合によっては人に頼った方が早いものもあります。

餅は餅屋。

こういうときに活躍するのが専門家です。

もし不足している場合は、専門家を使ってでも、マスターしておいてくださいね。

とても重要性の高い能力です。

不足を補った後の恩恵は一生ものです。

スポンサーリンク

セルフケア能力の必要性

人はそんなに強い生き物ではありません。

生きていくと楽しいこともあれば、つらいこともあります。

セルフケア能力はそのつらいときを自分で和らげる効果があります。

100%楽しいことだけでは生きられないことがわかっているので、必要性の高い能力といえます。

つらさを少しでも和らげる。回復を早くするのに必要性の高い能力です。

楽しく生きていくうえで必要性が高いとわかっているのなら、見に付けたほうがお得です。

いつか必ず使うときがくるのですから。

セルフケアとは、そんな必要性、重要性ともに高い能力なのです。

偏見かもしれませんが、微分積分は社会人になって、取り立てて使う必要性が少ない能力ですが、セルフケアは、どんな職業につこうと、職業につかなくても、必要性、重要性ともに高く、使う可能性が高い能力です。

学生の方でもその必要性、重要性に気づかれているのではないのでしょうか?

即効性のあるセルフケア

即効性のあるセルフケアは、なんといっても走ることです。

30分も走ればスッキリします。

しかし、その30分にしり込みしてしまう方が多いのではないのでしょうか?

悶々と1週間、1か月とストレス発散できずにいるよりも、休みの日に30分だけ走ってみましょう。

即効性が高く、すぐにスッキリしますよ。

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/10/02