ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ストレス発散方法 泣く、食べる、趣味に没頭する、運動、スポーツをする


スポンサーリンク

ストレス発散方法

ストレス発散方法を見ていきたいと思います。

ストレス発散方法とは、何らかを行い、それによって、発散される方法をいいます。

少しずつ発散方法を具体的に話していきます。

ストレス発散方法 泣く

ストレス発散方法として、泣く人もいます。

泣くときは思いっきり泣いて、そこで尾を引かない発散方法です。

泣くためには感情の爆発が必要です。

普段、感情を内に閉まったまま理性で動いていませんか?

感情をさらけ出す場も作らないと、メンタル的に持たない場合もあります。

その点、泣くことは、感情の爆発であり、感情をさらけ出す方法といってもよいでしょう。

人前で泣く必要はありません。

自分の部屋がある人は、そこで泣いてもいいんです。

自分の部屋がない人は、カラオケボックスとかでも泣くことができます。

悔しかったり、情けなかったり、怒りだったり、いろいろな思いがあるでしょう。

泣くことで、発散して、翌日や翌週に臨んでいる人は意外に多いです。

泣く方法として、感動するというのもあります。

映画やテレビなどでも感動はできますし、泣くこともできます。

泣くこともストレス発散に効果的です。

ストレス発散方法 趣味を持つ(食べる)

食べることでストレス発散をしている人もいます。

食べることは生きていく上で必要な行為ですし、人は食べることなしに生きていけません。

食べることをストレス発散の場にしてしまうのです。

食べすぎは禁物であることは言うまでもありません。

食べることで、おいしいと幸福感が増します。

それがストレス発散に役に立つというわけです。

開拓した店でおいしかったりすると、また行きたくなります。

食べることは、至福のひと時を味わえる発散行為でもあります。

美味しいお店、行きつけのお店を持っておきましょう。

そのために、自分は何を食べるのが好きかを把握しておきましょう。

あなたは、焼肉を食べることが好きですか?

それとも、ステーキを食べることが好きですか?

それとも、刺身を食べることが好きですか?

それとも、焼魚を食べることが好きですか?

それとも、野菜を食べることが好きですか?

食べるだけでなく、飲むことでも大丈夫です。

食べることで発散している人は意外にも多いものです。

ストレス発散方法 特定の場所に行く

特定の場所に行くことでストレス発散をしている人もいます。

具体例を挙げますと、

・パワースポットと呼ばれる場所

・ヒーリングポイントと呼ばれる場所

・彼氏との思い出の場所

・彼女との思い出の場所

・旦那との思い出の場所

・妻との思い出の場所

・お子様との思い出の場所

・高い場所

・緑の多い場所

など、ストレス発散に役立つ場所はいろいろとあります。

ストレス発散のための場所をあらかじめいくつか用意しておくことも大切です。

知られていないかもしれませんが、ある場所に行ってストレス発散をして、翌日(翌週)頑張るという方法をとる人もいます。

自分にとってのとっておきの場所がない方、決まった場所を用意しておくと役に立ちます。

ストレス発散方法 趣味を持つ (好きな音楽を聴く)

趣味の音楽を聴いて発散する方法もあります。

ヘッドホンをして、趣味の音楽を聴いて自分を高揚させたり、リラックスさせる人もいるでしょう。

私の知り合いにも、人と会うときは高揚する音楽を、寝る前はリラックスする音楽を使い分けている人がいます。

自分の精神状態をコントロールしているのです。

スポンサーリンク

ストレス発散方法 趣味を持つ(音楽を奏でる)

趣味の音楽は聞くだけでなく、奏でて発散する方法もあります。

趣味でなければ苦痛になるかもしれませんが、普段の仕事以外に、音楽を奏でてで自分を鼓舞している人もいます。

彼ら(彼女ら)はお金のためだけに音楽を奏でているのではなく、自分の感情を表にだし表現したり、気持ちよくなるために音楽を奏でているのです。

ある意味ストレス発散に似ていますよね。

もちろん、人によってはそれがライフワークである場合もありえます。

本業を持ちながら、いつかやりたいステージで生きていくための下準備の場合もあるのです。

そういう方は、夢を追うのが生きがいになり、それがエネルギーとなり、笑顔でいられるのです。

夢を持つのはとても大切であり、現実も見ながら、夢を追うのをエネルギーにしている人もいるのです。

夢を持つのに関しては肯定派と否定派がいます。

どちらにしても、夢を持つことで(持たないことで)、笑顔で毎日が過ごせるならいいのではと思います。

自分の興味の沸くことを増やしていくと、より、幸せな生活が送れるでしょう。

ストレス発散方法 趣味を持つ(ゲームをする)

あまりお勧めはしませんが、趣味のゲームで発散している人もいます。

今はスマートフォンで電車の中でも趣味のゲームはできます。

通勤、通学中に見かけませんか?趣味のゲームをしている人を。

ゲームが趣味で楽しみに生きている人もいるのは確かです。

何かに夢中になって頭の中をいったんストレスを発散させるのには効果的です。

ただ、やり過ぎには注意が必要です。

いくら趣味とは言え、ゲームを始めるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

そこがゲームを趣味にする際の難点です。

とてももったいないのです。

それでも、いったん頭の中をスッキリさせたい場合は、ゲームをすると悩み事などを忘れさせてくれるでしょう。

ようは夢中になれることを探して、それに没頭するのです。

最近のゲームはグラフィックもよく夢中になれるのもあると思います。

少しの時間、ゲームをすることで発散できるのであればそれはそれで有効です。

「自分は何に夢中になれるのか?」

を知っておくと、一生ものになります。

ストレス発散方法 趣味を持つ(運動をする)

では、運動によるストレス発散法とはどんなのがあるでしょう。

・ジョギングをする(朝または夜に30分程度で十分です)

・カラオケで大声を出す(ヒトカラなら誰にも迷惑はかかりません)

・自転車で軽快に走る

・趣味のスポーツをする(バトミントン、サッカー、フットサルなどなんでもいいです)

・ウオーキングをする

・水中ウオーキングをする

・ヨガをする

・ストレッチをする

・バッティングセンターで思いっきり打つ

・ボーリングをする

・散歩をする

・犬の散歩をする

・通勤(通学)で一駅分歩いてみる

ここで、個人的にお勧めなのがジョギングです。なぜジョギングが良いかといいますと、朝または夜に30分ほどジョギングすると自動的に頭がすっきりするように、人はできているからです。

少し専門的に書くと、人は走ると、モルヒネに似た物質を脳内に放出します。

これが発散する原因と言われています。

30分程度のジョギングでも十分発散できるのはそのためです。

実際に心の動きを注意深く見ていくとわかります。

ジョギングをして10分~20分ごろにスッキリと発散し始めて、30分ジョギングすると、スッキリ状態になります。

自転車も似たようなものです。ここは人によって好みがあると思いますので、好きなのを選んで身体を動かすといいと思います。

ただ、中には、膝に爆弾を抱えていてとか、体重の関係で走れない人とかもいると思います。

そういう方は、水中ウオーキングなどでも十分だと思います。

水中ウオーキングは陸上のウオーキングよりもカロリーを倍消費するほど効果的なものなのです。

「ストレス発散のために健康を損ないました」ではもったいないからです。

基本的に有酸素運動が「ストレス発散」に適していますが、筋トレなどの無酸素運動でも問題ありません。最大重量をもったりしていると、ストレス原因など、頭にいる余地はないからです。これは瞬間的に発散できます。

スポンサーリンク

合う合わないがあると思いますので、色々な運動による「ストレス発散法」を試しておくとよいでしょう。

それらが、あなたの手札となり、ストレス発散を上手に行えるようになるからです。

ちなみにですが、運動によるストレス発散法も良い意味で中毒性があります。

いったん自分のストレス発散法が見つかると、それをやらずに週を越すのに違和感を感じるようになります。

「週の始めはストレスフリー」というのが基本になるからです。

ストレス発散方法 運動が楽しくなる秘訣

運動が楽しくなる秘訣を書きたいと思います。

一番は好きなスポーツをしてみることですが、好きなスポーツがどうしても見つからない場合もあります。

そういう場合は、とりあえず試しにやってみましょう。

そして、運動後の爽快感を味わいましょう。

趣味ではないので多趣味とはいいませんが、下手でも多くのスポーツにチャレンジしてみるとが良いでしょう。

「このスポーツが好きなんです」というよりも、「運動後の爽快感が好きなんです。」でも十分だからです。

運動後の爽快感は癖になります。

どうしても好きなスポーツが見つからない場合は、幅広くチャレンジしてみることをお勧めします。

ストレス発散方法 運動の他のメリット

運動はストレス発散だけでなく、多くのメリットを享受してくれます。

その最たるものが、健康です。

人間、日に日に歳をとっていきます。

これは誰もが平等に歳をとります。

歳を重ねると、健康状態が悪くなる人が増えてきます。

若い時ほど、代謝が活発でなかったり、筋力が衰えたり、柔軟性が衰えたり、いろいろと機能が衰えるからです。

そんな中、運動は自分の健康を保ってくれるのに役立ちます。

年齢を重ねてからも動ける身体って素敵じゃないですか?

そんな身体をつくるのも、日々の運動なのです。

また、ダイエットにもいいのはご承知の通りです。

運動はカロリーを消費してくれます。

年齢を重ねると、どうしても体型維持が難しくなってきます。

若いときには必要のなかった努力が必要になってきます。

体型維持ができたら素敵だと思いませんか?

自然と体型維持ができる人もいますが、陰で努力している人もいるのが現実です。

モデルなんて、努力のたまものだと思います。

相当な努力を積み重ねているのでしょう。

それが逆に負担になってしまわないか心配でもありますが。。。

ストレス発散にもよし、健康にもよし、ダイエットにもよし、運動によるメリットはとても大きいのです。

芸能界で体型を維持してきた人と維持できなかった人の過去から現在を見てみましょう。

維持できた人の活躍ぶりと、維持できなかった人の活躍ぶりの違いがわかると思います。

もちろん、体型だけがすべてではないので、持ち前のキャラクターが開花した人もいます。

しかし、グラビアなどで生きてきた人のその後を見ると、体型維持をしてきた人とできなかった人では、その後の活躍ぶりが違うことが分かると思います。

体型を職業にしてしまうと時には過酷かもしれませんが、ストレス発散に行う運動は、とても気持ちのよいものです。

みなさんもチャレンジしてみませんか?

ストレス発散方法 趣味を持つ(スポーツをする)

スポーツをすることでストレスを発散している人もいます。

スポーツを趣味にすると、運動がしやすくなりますよね。

同じスポーツ仲間が集まったりもしますし、大会などもあったりします。

黙々とする運動が好きか、競技が好きかでわかれるところかもしれません。

スポンサーリンク

ストレス発散方法 スポーツ好きになる方法

私のケースでいうと、昔は運動が得意でした。しかし、身体を動かすことが減って、運動が苦手になりました。そこで最初の運動は筋トレから入りました。最大重量の負荷をかけているときって、他の事を考える余裕がなく、それがメンタル面に良い影響を与えていました。

筋トレとともに、ジョギングも始めたのですが、こちらは汗だくになるのであまり好きではありませんでした。

しかし、今手持ち1番のストレス発散法はジョギングです。

スポンサーリンク

ジョギングは最初にやってみて、「すごいスッキリ発散した!またジョギングしたい!」というものではありませんでした。

持久力を伸ばそうと、足取りが重い中でジムに通いジョギングをしているうちに、徐々に頭の中(心の中)の変化に気づき、スポーツでストレス要因が頭の外に出てスッキリ発散することがわかりました。しかも長時間続くのです。

それがわかっていても、なかなか足取りが重くて走り込みに行けないのが人間。それでも行けるときだけでも続けているうちに、今では、「最低1週間に1度はジョギングをしないとダメだ」というようになりました。

ここまでくると、自主的にスポーツするようになります。スポーツする前とスポーツした後の頭の状態(心の状態)が全く違うことを何度も経験しているわけですから、当然の結果なのかもしれません。

そんなスポーツが手札になった頃、膝に違和感を覚えて、他のストレス発散法を模索しました。それがヒトカラです。

膝を使わずに大声を出せる。これはメリットです。声が枯れようが関係なしに歌います(笑)。

何もしないよりもはるかに良い精神状態で翌週を迎えられます。

自分の好きな歌を思いっきり歌いましょう。

そして、「週の始めはストレスフリー」で迎えましょう。

スポンサーリンク

ストレス発散方法 筋肉維持とスポーツ

筋トレは今でも、ストレス発散の手札です。

ただ、以前ほどではありません。

たった、30分スポーツするだけで、1週間スッキリ発散していられるスポーツには敵いません。

とはいうものの、筋肉もつけたいので、筋トレもしています。

私も発展途上で、ストレス発散の手札を常に探してチャレンジしています。

手札は多いに越したことないですから。

私のケースのように、膝に違和感を覚えたときに、他にストレス発散の手札がないと、堪り放題になってしまいます。

「週の始めはストレスフリー」の快を覚えた自分にとっては、耐えがたいことです。

人は不快よりも快を求めます。

それは私も例外ではなかったようです。

ストレス発散方法 社会人スポーツサークルに入ってみる

一人では続かない。仲間がほしいという方もいると思います。

そういう方は社会人向けのスポーツサークルをお勧めします。

必ずと言っていいほど、ベテランさんがいます。

かなりの上手な方です。

そういう方がいると、教えてもらえたりして上達も早くなるでしょう。

そして、上達すればするほど、スポーツが好きになるでしょう。

社会人向けスポーツサークルは比較的安い、公民館とかを利用して行われています。

近くの公民館でやっていないかチェックしてみましょう。

ストレス発散方法 社会人向けスポーツサークルのメリット

社会人向けスポーツサークルのメリットは、上手な人を観戦ができることです。

自分が身体を動かす以外に、観戦することで上達するもできます。

また、仲間が増えますので、仲間の観戦をして楽しい休憩時間を過ごすことができます。

社会人向けスポーツサークルは上級者以外にも、初心者も必ずといっていいほどいるものなので、試しに行ってみてはいかがでしょうか?

社会人向けスポーツサークル活動で、番外編として飲みやイベントや大会などあるかもしれません。

そういうのは、楽しみの一つとして参加してみるのもいいかもしれません。

大会は目標になりますし、大会を目指してスポーツに打ち込むことでストレスが発散できるならもってこいです。

うまく環境を利用して、スポーツを好きになってみてください。

民間のスポーツジムの料金について

民間のスポーツジムで設備の整った中、トレーナーの下で身体を動かしたい人もいるかと思います。

そういう方は民間のスポーツジムに通うのをお勧めします。

けど、料金が・・・という方は、メニューの雑記を参照ください。

スマホ使用料金を月額8000円~10000円だったものを300円に落とした技を書いています。

現在はだいたい180円ぐらいで済んでいます。

こういった費用の削減で、民間ジムに通うお金を捻出できます。

また、会社によっては福利厚生で、安く民間のジムを利用できる制度を設けている企業もあります。

そういう企業にお勤めの方は、利用してみましょう。

デスクワークが多くなった現在、身体を動かす機会は、昔に比べるとかなり減っています。

5年後、10年後を考えると、今からでも身体を動かしておいたほうがいいのは明白です。

ご自身のためにも、身体を動かしてみませんか?

ストレス発散方法 共通編

まず、男性、女性問わずできる休息やリラックスをする方法には以下のようなのがあります。

・寝る

・瞑想する

・お酒を飲む(この方法は中毒性があるので、あまりお勧めしません)

・ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

・自律訓練法をする(自律訓練法は短時間でリラックスするのに役立ちます。仕事の休み時間にもできます)

・腹式呼吸をする(腹式呼吸は短時間でリラックスするのに役立ちます。仕事の休み時間にもできます)

・漸進的筋弛緩法をする(漸進的筋弛緩法は短時間でリラックスするのに役立ちます。仕事の休み時間にもできます)

などがあります。

初めて見る方もいるかもしれませんが、どれかは仕事や育児が忙しすぎるときでも気分転換に使ったことがあると思います。

ストレス発散方法の実際

自分の中で、動けないほど仕事や育児が忙しすぎると感じたとき、回復するために休息やリラックスを手段として使います。

Tさんも仕事が忙しすぎるため、リフレッシュしている時間をとれないときがありましたが、そのときは、「おいしい料理を食べる」ことで、エネルギー源にしていました。

仕事で忙しすぎるため、時間と体力は消耗していくけど、使う時間がなくてお金は貯まっていく経験って、社会人の男性なら一度はしたことありますよね。

このときに社会人の男性であるTさんは、「おいしい料理を食べる」ことで体力の回復をはかっていました。

運動で発散できることを知らずに、仕事で昼夜逆転の生活していた時は、休息、リラックスにより回復をはかっていました。

別のケースでは、遠方の県のしかも県境で、何もないホテルと職場の夜勤での往復も経験しました。

そのときも、休息、リラックスだけではリフレッシュすることできなくなりました。

そこで「食べる」の登場です。

とにかくエネルギーになるものを食べて、まさに休息、リラックスにより回復をはかろうとしていました。

でも、休息、リラックスだけでは回復が間に合いませんでした。

そのため、夜勤明けの朝型、うろうろと近所を散歩していたりしました。

徹夜や夜勤、出張を経験された人ならわかると思います。

朝帰ってくるころには、面白いテレビ番組はあまりありません。

当時、アロマの芳香剤を部屋にセットしたり、ビジネスホテルだからといってシャワーで済ませず、ぬるめのお風呂に浸かる、ホテルの周りを30分「ジョギングする」だけでもずいぶん違ったのではと思います。

ホテルの周りを、30分ジョギングすれば、気分もリフレッシュできます。

スポーツ用のウェアも現地調達でいいですし、ホテルのクリーニングに出せば、仕事が終わった頃にはクリーニングを終えて戻ってきます。

仮にクリーニングが完備していないホテルでも、コインランドリーは近くにあるものです。

たったの30分、されど、ジョギングをするには十分な時間なのです。

アロマの芳香剤は現地調達で売っていますので、滞在期間だけのリラックス空間という使い方をしてもよかったと思っています。

と上記のような対策を当時、社会人男性のTさんに言ってあげたいと思いますが、当時はセルフケアの分野に強くありませんでした。

こういう忙しすぎる仕事の経験を踏まえて勉強と実践で強くなりました。

仕事が忙しすぎる経験をしたため、時間がなくて、昼夜逆転の生活の経験をしたからこそ、現在、セルフケアに関する分野に強くなり、ホームページに書くまでに至っています。

あなたの仕事でも、突如として忙しすぎる生活はやってきます。

仕事や育児は、主婦にとって毎日が忙しすぎる日々の連続です。

忙しすぎると何をしていたかわからなくなることもあるでしょう。

そして、イライラや不安や緊張が溜まり続ける状態が続く経験をされる主婦も多いと思います。

忙しすぎる仕事や育児の合間にいろいろと試してみて、自分に合った休息、リラックス法を持っておきましょう。

あなたは「幸せになるために生まれてきた」のではありませんか?

仕事や育児などで忙しすぎると追い込まれていき、幸せは感じなくなります。

自分の意識が不安要因に集中するばかりに、周囲に転がっているふとした幸せが見えなくなるんです。

自分の周囲から小さな幸せを見つけて、それを自分のエネルギーに変えられる、笑顔の元にできる人って素敵ですよね。

そして、後の章になりますが、第1章の後半から運動によるストレス発散方法も見ていくので、そちらも、ぜひ、手札に持っておきましょう。

休息、リラックスをとるよりも、運動したほうが回復が2倍速いからです。

これらの方法は発散する効果があるため、自分に合う方法が見つかれば、趣味になることも多いのが特徴です。

人は不快よりも快を求める生き物ですから。

しかも、趣味で爽快な気分を得ることが続くと、仕事でも高パフォーマンスが期待できますし、仕事を引退する時期になっている人でも、定年後の続く趣味としても活用できます。

そして育児でも、子供にやさしく接することができます。

それが、家庭の雰囲気に影響し、旦那さんも気分良く、仕事を切り上げ家に帰ってくるようになります。

そう、快を得られる趣味は、社会人の男性にとっても、主婦にとっても仕事や育児で忙しすぎる人にとってとても大切なものなのです。

スポンサーリンク

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2017/02/12