ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

後で役に立つかもしれない専門用語の解説 「ストレス解消」


スポンサーリンク

情動焦点型コーピングと問題焦点型コーピング

「静と動」のストレス発散法によりストレス(不安やイライラ)を発散することを専門用語で「情動焦点型コーピング」、ストレスと向き合うことで問題そのものの解決を図る方法のことを「問題焦点型コーピング」といいます。3章はこの「問題焦点型コーピング」を中心にお話しします。

つまり、当ホームページで定義している

・「ストレスの発散」に焦点をあてた対策を「情動焦点型コーピング」
・「ストレスの解消」に焦点をあてた対策を「問題焦点型コーピング」

といいます。

「情動焦点型コーピング」という言葉も「問題焦点型コーピング」という言葉も、あまり日常で使うことはないかもしれませんが、もし専門家と話すときには、言葉を知っていると伝わりやすいです。

もちろん、言葉を覚えていなくても、ストレス発散の定義とストレス解消の定義を説明できれば、専門家は納得してくれます。

また、もし、あなたが自分でストレスコーピングの分野に興味を持ち、勉強してみようと思ったときには、キーワードとして役に立ちます。

アマゾンなどで検索してみたりして、ストレスコーピングに関する知識を蓄え、実践するのもいいかもしれません。

ただ、一つ一つの方法まで詳しく出ていることはまれで、当ホームページでは、その不足分を補完いている形になります。

ですので、当ホームページも併用しながら、学んでみて下さいね。

本はページ数の関係で、どうしても広く浅くになりがちですから。

「情動焦点型コーピング」は当ホームページに当てはめると1章に当たります。

「情動焦点型コーピング」に興味のある方は1章を見てみて下さい。

「情動焦点型コーピング」の例が多数出ています。

「問題焦点型コーピング」は当ホームページに当てはめると3章に当たります。

「問題焦点型コーピング」に興味のある方は3章を見てみて下さい。

「問題焦点型コーピング」の例が多数出ています。

どれも実践可能な例を出しています。

日常でできる例を出しているので、取り組んでみて下さい。

日常でストレスは生まれるのに、日常ではストレスを解消できないではそれは辛いですよね。

もちろん、旅行とかの「情動焦点型コーピング」もありますが、その気になればできるものを集めています。

ぜひ、「情動焦点型コーピング」と「問題焦点型コーピング」を自分のものにして、ストレスマネジメントをしてみて下さい。

小さな幸せに気づける日がきっときます。

あなたが感じた小さな幸せは、やがて心の大半を満たし、あふれ出たころに、周囲も幸せに満ちていくのです。

スポンサーリンク

Print Friendly, PDF & Email

公開日:
最終更新日:2016/10/22