ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ストレスに悩むAさんのブログ 7

    //


スポンサーリンク

ジムに入会してみた

ジムに入会してみた。ジムって結構高い。人件費と機器のメンテナンス費用とかかかるのかな。

ストレス発散が目的なので、ライザップのように、スリムになる系統のジムは見送った。

憧れはするけれども。。。

ジムに入会した初日、トレーナーから説明があった。

無酸素運動と有酸素運動の組み合わせがいいらしい。

目的に応じて比重を変えるのが主流のようだ。

ルネサンスではそういう方法を採用しているようだ。

筋肉をつけたい場合、無酸素運動のみをやったほうがいいという動画を見たことがある。

どうも、ジムや目的に応じて違うらしい。

スポンサーリンク


Aは標準メニューを選択した。

有酸素運動と無酸素運動のコンビネーションだ。

けど、がんばり過ぎない程度にメニューを組んだ。

目的はあくまでストレス発散なのだから。

ジムというのは行くまでが面倒。

どうしてもこの壁にぶち当たる。

マッチョやスタイルの良いモデルとして食べていってるのではないのでなおさら。

けど、頭の中で健康にいいことはわかっている。

でも行く気がしない。。。

スポンサーリンク


このジレンマにはまってしまった。

月会費を払っているのだから、行かないともったいない。

けど、行くのが面倒。

もともと、月会費はスマホ代を節約したものだから出費は変わらないのだけど、どうももったいない気がする。そこで先生に聞いてみた。

A:「どうもジムに行く気がしないんです。身体を動かせばスッキリするのはなんとなくわかってきたのですが。。。」

先生:「当然ですよね(笑)。みんな面倒なのを乗り越えるのが大変なんです。無理にでも通っていると、そのうち通わずにはいられなくなりますが、そこまで持たない人が多いんです。何か目標を持ってみたり、ジムで友達を作ったりしてみませんか?それでだいぶ変わると思いますよ。それでもダメなときは、そういうのは向かないんだと思っても問題ありません。」

A:「向かない人もいるんですか?」

先生:「当然いますよ。向き不向きは誰にでもありますから。やってみて向き不向きがわかる場合もあります。」

そうか、もしやってみて向かないと思えば、ストレス発散の方法を変えればいいんだ。もっと気軽に行こう。先生がついているんだし。

ジムはできるだけ通うようにしたいが、無理はしない程度にと心の中で決めた。

無理なら別のストレス発散方法を試してみればいい。

そのぐらいの気持ちにした。

先生:「Aさんは着実に経験を積んでいますよ。自分にあったストレス発散方法を見つけるための経験をね。それが今後の人生で大きく役に立つから一緒に試してみましょうね。」

A:「わかりました。」

先生から見ると、着実に経験を積んでいるんだと思った。

スポンサーリンク

Print Friendly, PDF & Email

 - ストレスに悩むAさんの日記