ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ストレスに悩むAさんのブログ 2

    //


スポンサーリンク

環境要因とは

環境要因とはかみ砕いていうとどういうことだろう。

先生に聞いてもよかったけど、自分なりに調べてみた。

その結果、職場のみならず、家庭の環境も今のストレス状態に影響していることがわかった。

Aは職場でストレスをためているのだろうか?

Aは家庭でストレスをためているのだろうか?

たしかに思い当たることはある。

職場のストレス要因

Aとして投稿させていただいているので書いてみると、職場でのストレスは、同じ作業の繰り返しや、同期より遅い昇進、人間関係など上げようとするといくつか上がってきた。

このブログを転機してくださっている先生のお手伝いの方には伝わったと思いますが、Aはこのような職場のストレスを抱えております。

スポンサーリンク

家庭のストレス要因

家庭のストレス要因とはなんだろう。

家庭はいたって平穏で、特に問題は見当たらない。

強いて挙げるとすれば、家事の分担ができていないところだろう。

また、経済面の問題もある。

差し迫ってストレスになっている感じではないけど、もしかすると、潜在的にストレスになっているのかもしれない。

このことも忘れずに書いておこう。

きっと先生が後で診てくれるはずだから。

あとはなんだろう。プライベートのストレスかな。

特に感じてはいないと思うけど、プライベートでストレスがあるともう最悪の状態だと思う。

どこにいてもストレスが解消しない状態は、人間を危険な行動に走らせる可能性すらある。

幸いAはプライベートでのストレスを感じているわけではない。

その点が救いなのかもしれない。

先生の記事をすべて読んで、運動の必要性が買いてあったのを覚えている。

運動は健康にいいし、始めたいのだけど、スポーツセンターまでは距離がある。

何か他にいい方法がないものだろうか。家で運動するにしても、部屋が狭いという問題もある。

ここもアドバイスいただくことにしよう。

もっと簡単にストレス発散する方法を。

スポンサーリンク

週間でストレスを0に持っていければ、新しい週の始まりはストレス0で始まるのだから。

先生は「記事にしていないこともあるけど、たくさんストレスを解消する方法はありますよ」と語っていましたし。

とりあえず、まずは、自分のストレスレベルを下げて冷静な状態に持っていくことが当面の目標になるんだろうなと思った。

冷静な判断力が戻れば、きっと仕事もうまくいくはずだ。

Aはそう思う。

追記:先生は寝るもストレス発散の一つの手段と記載していましたが、それは使ってみました。確かに発散になるのですが、ほかにも発散方法が知りたいです。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Print Friendly, PDF & Email

 - ストレスに悩むAさんの日記