ストレス発散法とストレス解消法でストレスフリーに生きる秘訣!

ストレス発散法とストレス解消法を中心に

*

ストレスフリーに生きる秘訣!

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スポンサーリンク

「ストレスフリーに生きる秘訣!」の概要

時代の流れが加速度的に増してきて、多くの方が仕事や育児などによる不安やイライラに悩んでいます。

不安やイライラする原因は世の中至る所にあり、それをいかにうまくコントロールするかによって、体調にも大きく影響します。

「ストレスフリーに生きる」ためには、その都度発散し、解消するのが理想です。

しかし、仕事や育児で忙しい現代人にはなかなか難しいでしょう。

だからといって、負担を背負い込み、発散や解消をしない生活をしていると、うつ病やうつ症状、偏頭痛など、メンタル面や身体面で不調になってしまう可能性が高まるのが実情です。

そこで、「週の始めはストレスフリー」になることをめざし、「ストレスフリーに生きられる」よう本ホームページを書きたいと思います。

画面上部のメニューバーで「ストレス発散法」と「ストレス解消法」「ストレス症状」「習慣化」「雑記」とカテゴリ分けしています。

負担を背負いこむ性格の方、体調を崩しがちになってしまっている方には、ぜひ、読んでもらいたいです。

詳しくは各章に記載しますが、休息とリラックスと運動による発散法と解消法を紹介しています。

休息やリラックスは家でも外でもできる発散法であり、運動は身体を動かすことによる発散法を示しています。

解消法は問題を解決するための方法を示しています。

専門用語を使うと、自分で発散、解消することを、セルフケアといいます。

セルフケアができるようになると、より、日常生活が楽しく過ごせるようになります。

ここで、ホームページで記載していくに当たり、言葉の定義をしたいと思います。

「ストレスフリーに生きる秘訣!」で使用する発散と解消の定義

「ストレスフリーに生きる秘訣!」で使用する「発散」の定義

発散と記載した場合、不安や悩みを一時的に頭の外に出すことにより、気持ちを切り替える(平常心に戻る)こと。

「ストレスフリーに生きる秘訣!」で使用する「解消」の定義

解消と記載した場合、問題そのものが解決された状態になること。

とします。

スポンサーリンク

「ストレスフリーに生きる秘訣!」のメニュー

「ストレスフリーに生きる秘訣!」はメニューとして、

ストレス発散

ストレス解消

ストレス症状

習慣化

から成り立っています。

仕事や育児の不安やイライラが堪ってどうしようもない、問題を解決することに目が行き過ぎて燃え尽き症候群になってしまう⇒ストレス発散

仕事や育児の負荷は日々持ち越さないけど、肝心の問題が解決していない⇒ストレス解消

仕事や育児の負荷による病気が心配。今、自分に何かしら症状がでている⇒ストレス症状

仕事や育児による負荷の発散や解消はできるけど習慣化できない⇒習慣化

のメニューを参照して頂けたらと思います。

何かしら、役に立つ情報があるはずです。

スポンサーリンク

「ストレスフリーに生きる秘訣!」の目的

最終的には、発散法と解消法を身に着け、その方法を用いるのを習慣化することにより、病気になるリスクを軽減したり、すでに病気をお持ちの方でも症状を軽減することで、「週の始めはストレスフリー」でいられることを目指しています。そして、ゆくゆくは「ストレスフリーに生きる」ことを実践できることを目指しています。

スポンサーリンク

「ストレスフリーに生きる秘訣!」で紹介する内容

最後にこのホームページで紹介する、発散法と解消法、解消できなかった場合、罹る恐れのある病気の一覧を紹介します。

リラックスによる発散法

・寝る

・不安やイライラの原因となっていることを紙に書く

・不安やイライラの原因となっていることを紙に書いて、さらに破る

・好きなテレビ番組を見る

・好きな音楽を聴く

・瞑想する

・お酒を飲む(この方法は中毒性があるので、あまりお勧めしません)

・アロマの香りを嗅ぐ

・趣味を持つ

・マッサージを受ける

・ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

・趣味に没頭する

・自律訓練法をする

・腹式呼吸をする

・漸進的筋弛緩法をする

身体を動かすことによる発散法

・ジョギング(30分程度で十分です)

・ひとりカラオケ専門店で大声を出す(カラオケボックスでのヒトカラなら誰にも迷惑はかかりません)

・自転車で軽快に走る

・趣味の運動をする(バトミントン、サッカー、フットサル、バレーボール、ゴルフなどなんでもいいです)

・プールでのウオーキング

・ストレッチをする

・ヨガをする

・バッティングセンターで思いっきり打つ

・ボーリングをする

・散歩をする

・徒歩通勤してみる

・無酸素運動(筋トレ)をする(有酸素運動のほうがスッキリするのに適していると言われますが、人それぞれ個人差があり、無酸素運動の方が合っているという方もいます)

スポンサーリンク

解消法

・人を頼った解消法

・KT法

・仮説思考

・PDCAサイクル

・専門家の活用

・認知行動療法

・1人ブレインストーミング法

・パレートの法則

・特性要因図

・ロジックツリー

習慣化

・友人をつくる

・コーチを雇う

・自分のタイプを知る(目標型と展開型)

・メンターを活用する

・アドバイザーにアドバイスをもらいながら習慣化する(現在、新規募集を受け付けておりません)

お問い合わせ

新規募集を受け付けていない代わりに、「よくあるご質問」コーナーもゆくゆくは設けるつもりでいます。

何かありましたら、お問い合わせホームよりご連絡下さい。

Print Friendly

公開日:
最終更新日:2016/12/21